タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
THAI BIKE COST

2021年タイでバイクを買う 価格や店頭のバイク紹介

THAI BIKE COST

タイ在住10年になります。今回でバイクを買うのは3回目ですが、我が家のバイクで新品を買うのは初めてです。45分でお持ち帰りしました。いままで酷いものしか乗ったことがないのですがこんなに良いものなんですね。タイのバイクの価格を日本の皆さまもご参考に見ていただければと思います。

タイは今の時代もバイクがたくさん走る国

2021年、タイは日本の人が驚くぐらい良い車に乗っている人がたくさん。それもそのはず、タイの人は見栄っ張りなので支払いギリギリにローンを組みます。

バイクにいたっては、とりあえずバイク好きなら良いバイクに乗ってますがほとんどの人が交通手段目的なので破壊寸前のバイクでもたくさん走ってます。

今回購入したバイクのお値段は?

日本円で約170,000円

このお値段は全てこみこみです。

ナンバープレートの届けや、いろんなパーツなどこの後の追加料金は一切ありません。ただし値引きもありませんでした。

ここタイ国ではHONDA・YAMAHAなど日系企業のバイクは非常に人気でほとんど値引きしてくれません。

かといって他のメーカーの買うとなると怪しい中国メーカーの謎のバイクに乗ることになります。

タイの人々も乗るなら日本のバイクが人気でほとんど日系のメーカーばかりです。

タイでも人気を誇る日本のバイクの良さ

やっさん
あゆたやっさん
じゃあこれ~買います~
バイク屋ねえさん
あ、そうですかぁ

ものの10分ほどお話して

「HONDA SCOOPY」

に決めました。

妻と娘専用のバイクです。私がいない間にお出かけする近所に行くだけなので小さいので構わないのです。さらに、オートマチックで小型なのが良かったです。

お店では、手際よく、男性チームがバイクを店内に運び、セッティングをしてくれます。

女性陣は書類手続きとお支払いを処理。

値引きは無しですがヘルメットをくれました。

私が最初にタイに来て買ったバイクは親戚に買ってあげたバイクです。なんとこれが8年経った今でも壊れずに現役とか。

本当日本製って丈夫ですよね。

このような話が非常に多いので、少し高くても日本製の車やバイクは人気があるのです。

今回店頭にあったバイクたち

現在はタイではこのようなスクータータイプでも大きなタイプのバイクが人気です。

このようなスポーツタイプもタイは結構走っています。

たまにコンビニに買い物程度でも年配のおばさんがごっついバイクにノーヘルで現れます。なんでこんなにかっこいいバイクに怖い顔のおばさんが乗ってるのか本当に謎です。

CBRやNSR。。。かっこいいですね~。

今でも乗りたくなりますが、タイの道路でバイクは本当に怖いです。

それこそタイの人々は怖い物知らずで大通りを大型バスの横でも平気で子供と3人乗りをするぐらいです。

参考までに、こちらのかっこいい大き目のスクーターで約8万バーツ。

将来はこの辺が欲しいですね。

YAMAHAのバイクもありましたが、何故か価格はHONDAよりも全て割高でした。デザインもお気に入りにはなりませんでした。

この辺りから現実的なバイクになります。

こちらHONDA SCOOPYです。約5万バーツ。

けっこう可愛いデザインのチュッパチャプスなど良いなぁと思いました。

HONDAといえば!

SUPER CUBですよね!ところが意外にもお値段が少し高めでした。なんでもレトロ感が好きなファンには絶賛らしいです。

妻と娘からすれば、対象外となりました。

HONDA WAVEです。実は8年前に購入した親戚のバイクはこちら。

少しお値段お安めで4万5千バーツ。

安いのは良いのですが、8年前に親戚に買ったのと同じものは嫌だなと。

45分ぐらいでお持ち帰り

ナンバープレートもついていないのに?いいそうです。

お支払いはスマホで銀行口座に全額支払い。

やっさん
あゆたやっさん
近所まで野菜を買いに来た感覚でした。

近所でしたので、妻がバイクを乗って帰りました。

タイでは新車を購入すると赤いナンバープレートが付けられます。今回は届を役場へ提出後再度お店に訪問しナンバープレートを取り付けてくれます。これを例えば格安の業者使うとかなり面倒で、何日も待たされます。安い方法があってもトラブルのもとです。最終的には何か月か経過すると通常のナンバープレートと交換になります。申請中って意味のようです。

今乗っているバイクは中古

購入した当時は17,000THBでした。

過去の中古価格で日本円約60,000円でした。

数えきれないほど、タイヤ交換やバッテリー交換をしました。いつバッテリーがあがってもおかしくないぐらいのひどさでした。

娘の幼稚園にこのバイクで妻が送迎してましたが一度危なく交通事故に会いそうになったこともあります。

たいていの人々は2年から3年のローンを組むそうです。月々の支払いを2,000から3,000バーツほどで購入します。

タイの道路は非常に危険ですが、左側を安全運転で走ればなんとかなります。

それでもバスや大きな車が変なところで停止しているとどんどん中央に入って行ってしまい、あれよあれよと危険な思いをします。

日頃の安全のためにも、車やバイクのメンテナンスはきっちりと確認しましょう。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

貸したお金が返ってきた話 誰もがWINWINで返してもらった方法とは

タイ年末ロックダウン? 【日系企業で働く人は注意喚起】

ドライブレコーダー 今の10,000円クラスは思い出の記録にも使えそう

タイ交通ルール 斜線エリアに気を付けよう 知っておくべき違反

タイ TOYOYAのディーラーでオイル交換 アジアだからこそおすすめ

タイで運転免許を取得する 試験や更新・切り替えなど

2020年タイで見かける人気車 ラインナップ

タイでスピード違反したら郵便局へ行って支払いを