タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。

プロフィール

タイ国アユタヤの歴史に名を残す「山田長政さん」の名をお借りして

「やっさん」

と申します。

タイ在住10年になりました。

タイで国際結婚をし、娘が生まれました。現在はタイで働らいてます。

タイで観光に来る方々、仕事でくる方々への良き情報となれば幸いです。

タイに来たのは日本の会社で、タイ工場立ち上げのためにやってきました。当時は中国工場を勉強目的で何か月か出張し海外の苦労を味わいました。そしてタイに来ました。

毎日いつになったら帰れるのか?ひたすら仕事三昧の毎日で平均睡眠時間3~4時間。夜勤をやったり、工場の雑用も自らすすんでやらざるをえない状態が続きます。たまの休みはろくなご飯も食べられず、出張にきたメンバーはどんどん痩せこけていきます。次々とベテランの日本人が退職を前提に日本へ帰国。そんな中私は”永住出張”という名目をうけて体力だけはあったのでなんとか仕事を続ける日々。

そんな中、かわいい女性が従業員の中にいました。こんな人が結婚してくれたらタイにいてもいいなと思いつつ、自然と会社も認める仲となり国際結婚となります。しかし、少しの幸せもつかのま、結婚を前提にお付き合いをすることになると妻は会社を退職させられることになります。

身体はタイ2年目を期に体調は崩れてしまい、それをきっかけに退職。

その後は、いろんな仕事をやりました。

日本に帰国して仕事をしたり、結局はタイに戻ることになります。

国際結婚で無理に自分の国につれてくると文化の違いに耐えられず離婚になるケースが多いのです。私から国際結婚の道を歩ませてしまったいじょうは、自分がリスクを背負うべきと考え、タイで生きていくことを決意します。他にも理由があってタイでやっていこうと!娘が大きくなったら娘はどこで生きていくのかは娘に任せるつもりです。

娘は今4歳、幼稚園にかよっています。相変わらず言葉がろくにしゃべれません。将来はタイに住むのか?はたまた日本に住むのか?22歳で国籍をタイか日本を選ぶときがきます。それとも異国の男性についていくのか?!娘のためにも60歳すぎても働かなくてはいけません!

このブログ記事のタイ事情については、タイ人奥様に監修していただいてます。このため確かな情報とは思いますが、間違いがあればご指導ご鞭撻いただけますと助かります。

最後に何故「山田長政さん」の名をお借りした名前なのか

山田長政さんは、戦国時代に生きた侍さんです。

もともとは日本の戦国時代が終わるころでしたので、侍になることをあきらめて商人としてタイにやってきました。当時のタイ国アユタヤは貿易が盛んで繁栄していたため近隣諸国が攻めにはいってきました。その流れから戦国時代の経験をいかした侍が活躍します。最後には活躍しすぎて殺されてしまうのですが、やはり異国に住む外人は所詮外人なのです。

協力してその国のために戦った山田長政さんでさえも最後には邪魔者になってしまったのです。

タイで働く日本人は常に

「タイの人に活かしてもらっています」

という言葉をします。

どんなに大変な仕事でも異国に住む日本人は、

「もしかしたらタイ人でもできる仕事なのかもしれない、しかしあえて日本人が働かせてもらっている。なので日本人ならではの仕事・経験をいかしてタイの人々と共に成長する」

がモットーとされています。

いつまでも山田長政さんの教訓を忘れずにいたいです。