タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
アユタヤ妄想

いろんな事情があって海外旅行ができない皆さんへお届け。

筆者アユタヤに住む日本人なのでおすすめ間違いなし 。

今はネットで何でも見れます。

この記事を見ていただき、アユタヤ観光をした気分にひたってください!

目次

タイアユタヤへの旅行はまず日本の空港から

最寄りの空港からタイに向けて出発です!

価格を抑えてLCCのAIR ASIAを使うわけではありません!

アユタヤに行くのはドンムアン空港のほうが近いんです!

バンコクからアユタヤまで タイ観光移動について

タイアユタヤは人気観光地です。

世界遺産もその一つですが、低コストで楽しめる。

日本人がたくさん行く安心感。

タイの人があたたかい。

こんな理由もあって人気です。バンコクは空港から近いですが、アユタヤへはどう行くのか

タイ国は世界地図でここ

飛行機で約6~7時間です。

日本との時差2時間です。

日本が朝8時ならタイは朝6時となります。

タイ国2つの空港どちらかからアユタヤへ

快適な旅でお金は惜しまない>>>スワンナプーム空港

お金は節約したいLCCがいい>>>ドンムアン空港

ドンムアン空港のほうがアユタヤへ近いです。

ドンムアン空港から電車の場合

空港でイミグレ、荷物受け取り完了し外へ出ます。

駅への看板はないので

「Amari Don Muang Hotel」

この看板を追っかけます、5番6番の間の出口にあります。

これはAmari Don Muang Hotelへ向かう通路です。階段をのぼったあたりで

「Railway Station」

の看板がでますので、連絡通路行へ行きます。

Amari Don Muang Hotelの入り口右側に

「TRAIN STATION」

という看板がでてきますので、その扉へはいると連絡通路にでます。

この連絡通路からは空港沿いの道路が見えます。

ドアを開けて左側へ歩くとこれが連絡通路です。

高速道路も見えますが、左へ歩いていく先に駅も見えます。

電車の看板を右に曲がります。

スロープを降りていくと、そこはドンムアン駅です。

ここは1番線でバンコク行きなので、隣の2番線に渡ります。

アユタヤまでのチケットを購入します。

11THBです。およそ1時間ですが、タイの鉄道は遅刻は当然ですのできをつけましょう。

ドンムアン空港なら両替はこの駅でおすすめ

このドンムアン駅に着いたところでHAPPY RICHという両替所があります。

ここは、バンコク有名な両替所にも劣らない高レートです。

タイバーツ両替ならここがおすすめ。

ドンムアン空港からタクシーの場合

空港内でイミグレ、荷物受け取りを完了し出口へ。

出口からは左方向へすすみますとタクシー乗り場があります。

※あくまでも未だ外にでません。

自動整理券発行機がありますのでとります。

番号を呼ばれるまで待ちましょう。

※ここで待ってられない場合、外でタクシーをつかまえる手段もありますが割高で交渉からはじまります。このタクシー乗り場のほうが正規価格です。

アナウンスで整理券番号が呼ばれたら前のカウンターにいき、行先を伝えます。

ここでタクシーを決めるのは運転手は管理会社に登録されてますので、堂々と悪いことはできませんので安心です。

参考までにアユタヤまでのメーターを使った料金は約400THBですが、これはあくまでも参考です。

空港にくるタクシーは割安ではやる気が落ちるので600~700THBは欲しいところかと思います。

深夜の場合はなおさら深夜料金で1,200THBとか跳ね上がるのはしょうがないです。

でも日本のタクシーと比較したらかなり割安と思います。

電車よりもかなり高いですが、便利で簡単なのでせっかくの旅行はこちらがおすすめ。

 

スワンナプーム空港からタクシーの場合

先ほどのドンムアン空港と同じくタクシー乗り場が1階にあります。

自動整理券発行機から整理券を受け取り待ちましょう。

料金の目安は1,200THB前後かと思われます。

メーターを使用すれば700THBという話もありますが、なかなかこの価格で行ったという話はあまり聞きません。

※参考

私は自分の車で日本へ帰る場合は、駐車場1日当たり250THB。2泊3日の旅行だとこれだけで750THBかかります。タイ住みの私でも1,200THBぐらいでも良いと受け止めてます。

むしろ嫌な気分でせっかくの旅行を台無しにしたくないので。

スワンナプーム空港から電車の場合

このルートは他にも行先があるからと理由があると思います。

スワンナプーム空港からアユタヤまで電車で行くのはかなり効率が悪いからです。

まずは空港地下1階のエアポートリンクを目指す

スワンナプーム空港地下1階に行きます。

この地下1階にはタイバーツ両替でお得なスーパーリッチなどがありますのでここで両替がおすすめです。

始発6:00、終電24:00です。

マッカサン駅までいく

地下鉄ペッチャブリー駅へ移動

徒歩で移動です、約10分。

終点ホアランポーン駅を目指す

国鉄ホアランポーン駅からアユタヤ駅を目指す

この電車の場合は、他にバンコクで行きたいところがある場合かと思います。

用がないのであれば、簡単なドンムアン空港からアユタヤを目指すのがおすすめ。

ドンムアン空港でも、ドンムアン駅入り口に両替レートの良いHAPPY RITCHがあります。

ここで両替しましょう、為替レートもなかなかいいとこです。

タイミングよく電車がきました、のりましょう。

約2時間といったところです。

タイの電車でアユタヤ駅到着!

すいてます。

駅をでるとトゥクトゥクが待ってました。

価格交渉をすると今日は客が少なく暇だからOK!交渉成立です。

タイアユタヤ観光ツアー アユタヤ遺跡まわり

駅から西にむかいます、近い順にいきましょう。

最初に!まず観光前に歴史を簡単に!アユタヤ王朝

アユタヤ遺跡

最初の王朝はスコータイ王朝。中国南方からタイ族がつくりました。偉大な王様の死去をきっかけに勢力が弱まりアユタヤ王朝ができます。世界貿易が盛んなアユタヤ王朝は400年も栄えましたが幾度もの攻撃をうけて遂に陥落しました。最終的には南に逃げておりそこで勝利をおさめてトンブリー王朝ができました。その後はすぐにチャクリー王朝ができますがこれが今の王朝です。初代をラーマ1世と呼び、今の王様は10世になります。

タイ国の歴史の王朝

  • スコータイ王朝
  • アユタヤ王朝
  • トンブリー王朝
  • チャクリー王朝

 

アユタヤの歴史に日本人がいた!

遺跡の観光は普段の生活とは全く異なる世界感で、非常に気分転換になります。現在でも残る遺跡、復活させた遺跡もありますがどちらも美しい景観があります。先のタイの歴史でものべましたがアユタヤは世界的貿易が盛んだったようです。非常に豊かな国となったアユタヤは常に近隣国家に狙われます。

いまでもタイのTVではアユタヤの歴史を舞台にした歴史ドラマが人気です。

戦争になると、海外からも傭兵がやとわれます。その中には貿易できていた日本人

「山田長政」もいました。戦国時代に戦争慣れしていた日本人は活躍したそうです。

山田長政~アユタヤで活躍した日本人~どんな人なのか

タイのアユタヤ県はアユタヤ遺跡もある世界遺産で観光地としても有名です。

過去はアユタヤ王朝という時代もあり非常に栄えてました。

そんなこともあって隣国が攻めにはいることも幾度も続き戦争の時代があります。

平和の都という名前がアユタヤにはあるようですが、アユタヤ遺跡をみると戦争時代の様子がうかがえます。

そんな戦争の時代に、傭兵として大活躍した日本人たちがいました。

最終的にはタイの南部の土地でお亡くなりになります。

山田長政(1590年~1630年)

タイの歴史を簡単にみましょう

  1. 古代から中世(BC3-1238)
  2. スコータイ王朝(1238-1448)
  3. アユタヤ王朝(1351-1767)
  4. トンブリー王朝(1768-1782)
  5. チャクリー王朝(1782-現在)

王朝としては、アユタヤ王朝が一番長い。

そのころの日本の時代は?

  1. 室町時代(1336-1573)
  2. 安土桃山時代(1573-1603)
  3. 江戸時代(1603-1868)

戦国時代っていつ?

1467年応仁の乱 戦争の時代の幕開け~1615年大阪夏の陣

豊臣家滅亡、徳川幕府によって約300年の平和が続く。

有名人

  1. 織田信長
  2. 豊臣秀吉
  3. 徳川家康
  4. 伊達政宗
  5. 武田信玄
  6. 上杉謙信
  7. 真田幸村

山田長政さんは、40年の人生。

ほぼ戦国時代の終わりごろの人生だったんですね。

なんでこんな時代にタイに行ったのか?

山田長政さんは、駿河国(静岡県)出身で駕籠かきという駕籠に人を乗せて運ぶ仕事をしてました。

武士にあこがれていたものの、戦国時代が終わりをむかえるときでした。

そのため、武士をあきらめ商人として海外にあこがれるようになります。

1612年朱印船貿易、アユタヤへ行く

長崎から台湾をわたり、タイに行きます。

アユタヤはすでに国際都市になっており、貿易によって繁栄してました。

人口15万人、約40か国の人が住んでました。

繁栄と戦争のアユタヤ

1621年にスペイン・ポルトガルがマカオ争奪をめぐってオランダと戦います。

このときにスペイン艦隊が便乗してメナム河まで侵入しますが、長政さんひきいる水上軍と日本人部隊が奇襲をかけて大勝利します。

アユタヤ王朝に信頼を得る長政さん

これにより隊長になった長政さん。

アユタヤ王朝のソンタム王の信頼を得て、

「オークヤー・セーナービムック」

という大臣のような地位をもらい王女と結婚します。

ソンタム国王が亡くなり、後継者争いに巻き込まれる

後継者争いに巻き込まれた長政さん。

王子派と王弟派による紛争、長政さんは日本人部隊およびタイ兵2万を率いて反乱を鎮圧。

南のリゴール(ナコーンシータマラート)の王となります。

実際は、戦争の激しい地域へ派遣されたとしてます。

隣国パタニと侵入軍と戦い負傷。

シャム(タイの昔の呼び名)人がその傷に塗った毒薬で殺されたといわれてます。

子供のオコン・セナピモクが自立して戦いましたが、カンボジアへ敗走し、日本人村は焼き払われます。

日本人村

プラサート・トーング王は、日本人村を焼き払ったものの、戻ってくる日本人を寛大な態度で迎え、日本人村は復活します。

しかし、江戸幕府が鎖国をしたことによって衰退するのでした。

現在は観光地としてその姿が復元されてます。

山田長政まとめ

歴史の人物として、あまり知名度はない山田長政さん。

じつは、タイでもあまりよく知られてません。

このように歴史をみると、タイのために戦ったものの権力をつけてしまい最後には殺されてしまったのです。

しかし、もともと侍にあこがれていた長政さんです。

人生を謳歌できたのではないでしょうか?

最終的にはリゴール王という地位もえました、40歳の人生ですが当時は人生50年といわれた時代です。

今現在も、アユタヤにはたくさんの日系企業があり日本人が約7万人タイにいます。

昔も今も、タイは日本人にとって住みやすい国ではありますが

「郷にいては郷に従え」

自分たちの国でやりたい放題をされたら誰でも腹立ちます。

夜のお店で自分の国の女性たちが他国の男性をチヤホヤしてれば気分は良くないでしょう。

この歴史を肝に銘じて、日本とタイの友好の架け橋となるよう今後もがんばります。

長文をお読みいただきありがとうございました。観光に戻りましょう。

アユタヤにある日本人村

アユタヤにある日本人村、昔もアユタヤにはたくさんの日本人がいた!

山田長政は活躍したそうです。しかし、それが仇となります。活躍した長政はあまりにも勢力をつけすぎてしまい王朝に目を付けられます。その後もともと紛争のたえない南のほうに手伝ってほしいということで南の戦争へとむかいます。その南の地で長政はなくなってます。戦争で膝に重傷を負ったとか、食べ物に毒をもられたとか、味方にやられたなどなど。日本人が活躍した当時はアユタヤに日本人村がありたくさんの日本人が住んでいました。しかし長政の死去とともに村は崩壊していきます。現在でもその跡地はアユタヤ遺跡南東方向にあります。

現代もたくさんの日本人がいるアユタヤ、有名企業たくさん

現代も日本人がたくさんいます。

バンコクに住んでいるかたがほとんどですが、アユタヤには工業団地があります。

そのなかには有数の日系企業がたくさんあります。

車で15分程度の距離です。

アユタヤ観光しながらも「この近辺に日系企業があるんだー」とでも思うとなんか違和感ありますね!

大きなとこではHONDAやCANONがあります。

アユタヤ遺跡観光おすすめコース 地図

アユタヤ遺跡の地図です。

バンコクから北にいくとアユタヤ県があります。

この遺跡の中心が象乗り場なんですが、まずは東側のワットマハタートから向かいます。

駅から近いので行きやすいです。その後少し西に行くとワットプラシーサンペット。

そこから西南へ向かいエレファントキャンプ、西へ向かいチェーディー・シースリヨータイ。すぐ近くのワットロカヤスター。

時間があればそこからさらに西のワットチャイワッタナーラーム。

この帰りに、もし車できているのであれば帰り際に”日本人村”へ寄るのもいいかもです。

アユタヤ遺跡No,1観光スポット 木の根元で覆われた仏像様の頭ワットマハタート

さて、さっそく観光しましょう!

歴史を知ればいろんなイメージが沸いてかなり観光も楽しくなります。

このワットマハタートはアユタヤ観光No.1の人気スポットです、ここに行かなければ何で行かなかったの?と聞かれてしまうレベルですよー。駅からもかなり近いので必ず行きましょう。

ここに行かないのはアユタヤ遺跡に行ってないようなものですね!

有名な木の根に仏像様の頭があります。

ここで注意!写真撮影のときはタイでは仏像様よりも自分たちの頭は低い位置でとらないといけません。

マナーなんですね。

このワットマハタートの近くのお食事どころをご紹介します。

アユタヤ観光 おすすめ食事処タイ料理!価格も納得満足【ブリンダー】

アユタヤ観光必須ポイントを抑えて安心の食事

アユタヤ観光におけるおすすめの食事処をご紹介します。

ご飯を食べるところはバンコクのように人気の料理店というものはあまりありません。

このため、おすすめのアユタヤの食事処というのは難しいのが本音です。

このなかから、「ブリンダー」というお店をご紹介。

ブリンダー おすすめの理由その1

アクセスNo.1です。

その理由は「木の根っこの仏像様」であるお寺ワットマハタートの道路向かい側です。

この観光地はアユタヤ観光で必須の場所です。

このお店の場所をGoogle MapでJump

ブリンダー おすすめの理由その2

観光外人客がたくさん。

接客では英語はもちろん大丈夫です。

接客マナーの良さもタイではかなり良いほうです。

おそらく西洋人のSNS評判も良いのでたくさんリピーターがいるのではないでしょうか。

ブリンダー おすすめの理由その3

価格は現地価格!

メニューから60THBから100THBぐらいです。

現地価格です。

これより安い現地価格は質が落ちます。

一番高いのは199THBのトムヤムクンでした。

良心的価格です。

お店の雰囲気はタイならではの外で食べるタイプ

ブリンダーで実食

私は日本人なのでおすすめは

「ガパオムーサップ カイダーオ」

バジル炒めと豚肉炒め 目玉焼き付き

バジルが豊富に使われてます。

辛さは少なめ(タイ語でペッ・ニッノイ)が美味しいです。

西洋人が主に食べていたのは

「パッタイ」

盛り付けに野菜もついてきます。

4歳の娘はカイティアオという卵焼きとご飯です。

サラダにソムタム(パパイヤサラダ)を頼みました、これも辛さ少なめです。

アユタヤ観光は日差しの強いなかを歩くので非常に喉が渇きます。

大き目のペットボトルがうれしい。

西洋人の方々はやはりビールを飲んでました。

ブリンダーまとめ

タイ アユタヤ観光の人気No.1のお寺ワットマハタートの近場のブリンダーというお店をご紹介しました。

アユタヤ観光はバンコクから日帰りの方がほとんどです。

これもあって、あまりあちこち行けないはずです。

アユタヤ遺跡観光の際はぜひご利用ください。

余談ですが、ウエイターのかたがナイツの塙さんに似ているタイ人でした。

非常に接客丁寧で美味しく料理をいただけました。では観光に戻りましょう。

3つの塔が並ぶ壮大な宮殿跡 ワットプラシーサンペット

先ほどのワットマハタートから西に少し移動したところにあります。3つの塔が雄大にそびえたっています。ここも超有名観光スポットです。

なんかご利益ありそう!

このワットマハタートとワットプラシーサンペットは入場料が必要です。

外人料金は昔50THBでした。

私は労働許可証があるので妻と同じく20THBでした。

アユタヤ遺跡エレファントキャンプで象に乗ろう!

タイの北部世界遺産のアユタヤ遺跡には象乗り場があります。エレファントキャンプと呼ばれている場所でアユタヤ観光きたら、象に乗らないといけないぐらいの必須観光先です。

特にここがおすすめで、象の曲芸なども現在開催中。

日本人観光客が非常に多いです。

2020年新型コロナウイルス影響の後、海外のお客様はいないものの、国内観光のみでも象乗り場は復活しました

アユタヤ エレファントキャンプの場所はここ

Ayutthaya Elephant Palace & Royal Kraal

アユタヤ エレファントキャンプ 受付近くにある象の曲芸小屋 50THBで入場

受付近くに象の曲芸を見ることができる小屋があります。

1人50THBなので時間に余裕のある人はどうぞ。

アユタヤ エレファントキャンプ受付【料金表】

象が集まっているところに上写真のような窓口があります。

料金

外人400THB
タイ人200THB
子供100THB

アユタヤ エレファントキャンプ でチケットを受け取り、乗り場へすすみます

奥にすすみます。

餌やりがあります。

しばらく待つなら餌を購入して、餌やりをするのも楽しいでしょう。

この看板のように、日本語説明が多くあります。

スタッフのかたも片言の日本語で説明します。

かなり日本人客が多いようです。

写真を撮ってくれますが、料金発生します。

帰り際に、写真が気に入れば購入、不要ならそのまま帰ればOKです。

高台に上ります。

この上から象にのります。象は揺れます、ものを落としやすいのでポケットの中身は気を付けましょう。スマホも落とさないように注意!

高台から後ろを見ると、象の曲芸が少し見えます。

行く象、来る象です。

乗るときは、ゆっくり乗りましょう。

象はけっこう揺れます。

アユタヤ エレファントキャンプで象に乗る

ご覧のとおり、車より背が高いので気持ちがいいです。

足場がないので、それほどゆったりは座れません。

このまま遺跡の中を歩いていきます。

車も象には道をゆずります。

途中、さくらの木に似ている花が咲いてました。

折り返し地点です。

実はここ、ワットプラシーサンペットの入り口付近。

あの3つの仏舎利塔もぜひおすすめです。

無事帰ってきました。

落とし物にはご注意!

かえってくるとおばちゃんが象を洗います。

象から降りるときも十分気を付けてください。

階段を降りると写真購入場所

象に乗っているあいだに撮影してくれた写真が画面に映ってます。

もし欲しい場合はその場で購入。

さらにデーターでも欲しい場合も追加70THBでもらえます。

降りたさきはお土産屋

出口手前にお土産屋があります。

価格は少し割高。

買うならアユタヤ水上市場のほうがおすすめです。水上市場にも象乗り場があるのですが、おすすめしません、象に乗るならこのエレファントキャンプが良いです。

番外編 象乗り場近くのお寺はアユタヤ神社がある

象乗り場の道路挟んで反対側にあります。

旅行の無事を祈願しましょう。

ラックムアンという神社です。

お寺ではないようです。

建物にはいるときは靴を脱ぎます。

お供え物を購入します。

一人75THBでした。

お寺の場合はほとんど20THBです。

しかし、何かが違うようです。

お線香に火をつけます。

お祈りをします。

終わったら、お線香は外にたてる場所があります。

お花とみずは正面に奉納します。

ここで緑・黄色・赤の布をもって移動します。

3枚の布は長く垂れながら綺麗に結びます。

これがお寺では無いですね。

背の高い象さんから眺める景色はいがいと新鮮!

チャクラパット王を戦闘から守り亡くなった王妃”シースリヨータイ”

スリヨータイはタイ女性の栄誉の象徴。

タイの歴史の最高のヒロインです。

王様のチャクラパット王を戦闘中に守ろうとしたスリヨータイ王妃は亡くなりました。

この話は非常にドラマでよくつかわれているそうです。

他の場所と違いここは現在工事中でした。(2019年12月)

ワットローカヤースッター 寝そべっている仏像様

見たことある人多いのではないでしょうか。

ここはアユタヤ遺跡西側にあるワットロカヤスタラムです。

寝そべっている仏像様で有名です。

来てみると「えっこんなとこなの?」というぐらい観光地っぽくないです。

まわりは遺跡があるので雰囲気はあるのですが、タイならではの田舎の住居をぬけるといきなりあらわれます。

大きさにかなり圧倒されます。

タイ旅行アユタヤ遺跡おすすめ恋愛パワースポットTVドラマロケ地

タイ人が行く、アユタヤ観光地をご紹介。

1つ目はタイのTVドラマロケ地になり話題になったワットチャイワッタラーナーム。

ここはタイ民族衣装にも着替えることができる。

更に夜のライトアップが美しいところです。

2つ目はカラスのお寺、願い事ならここに行くべき。

Wat Chaiwatthanaram(ワット チャイワッタナーラーム)

タイではアユタヤの歴史TVドラマで最近有名になり、けっこー観光客がきます。

タイではこのTVドラマが恋愛もので人気がでたそうです。

恋愛のパワースポットとされています。

この遺跡のあちこちにライトアップが用意されてました。

かなり夜は綺麗になります。

恋愛のパワースポット”愛の運命”というタイのTVドラマのロケ地であったそうです。

道路反対側にレンタル衣装屋さん

近くにはレンタル衣装でタイ民族衣装に着替えることができます。

恋人同士ならここに来るべき!

タイ民族衣装に着替えれば恋愛パワースポットもパワーアップ?!

ちなみにレンタル衣装は大人200THB子供100THB。

日本円なら200THBは2020年2月で700円ぐらいです。

実際着てみると、周りにも着てる人がたくさんいます。

レンタル衣装は制限時間ないそうです。

営業時間内に帰ってくれば良いそうです。(料金は先払いでした)

いろんな衣装を選べます

Wat Chaiwatthanaram(ワットチャイワッタナーラーム)の地図

拝観料は50THBです。

タイ人なら10THBです。。。

ちょっとした歴史

この遺跡は第24代王プラサートトーンが亡くなった母をしのんで立てたお寺とのこと。

戦争で破壊された痕跡は今でも残しております。

アユタヤ遺跡のなかでもかなり美しい遺跡であります。

 

夕方18:30ごろからライトアップ

現地の人に聞いたところあまり評判は良くないようです。

でも実際に見てみると、まぁまぁではないでしょうか。

この日は18:50ごろに、やっとライトがつきました

アジアの幻想的なイメージがでました!

ライトアップでものすごい虫の量です、お気を付けください。

ワットターカーロン、カラスのお寺

先ほどのワットチャイワッタナーラームから車なら5分程度ですぐ近くです。

ここは海外観光客は来ないローカルならではのお寺です。

タイ人のあいだでは有名です。

お寺の正面にカラスが。。。このお寺のトレードマークです。

なんでも本当にお願いごとをするのはこのお寺が良いそうです。

たしかにタイ人からすれば観光でお寺というよりもお願いごとのために来るのですものね。

私も過去、ラヨーンに住んでいる人と偶然会いました。

片道3.5時間かけても来るんです。

それだけご利益が期待できます。

ワットターカーロン、お願いごとならこのお寺!

下の写真左上は、学業の神様?頭を良くしてくれるとか。指を前にだしてますので、その指に頭を当ててもらいます。すると学業成就するとか。

他にも綺麗な装飾が多く、屋内が多いお寺です。

タンブンするポイントもたくさんあります。

チャオプラヤ川沿いまでいくと、舟の上でクイッティアオ屋があります。

お土産なども販売してます。

ここは、世界遺産の場所と違ってトイレは無料です。

そしてトイレもけっこー綺麗目です。

タンブンでまかなえていると思いますのでその分タンブンしましょう。

タンブンの目安は1回につき20THB。

直接お坊様にお経を唱えてもらう特別なお祈りは100THBがいいかもです。

タイの富裕層なら迷わず1,000THBだします。

ワットターカーロン、地図はここ!

このワットターカーロンの南側にさきほどのワットチャイワッタナーラームがあります。

すごく近所です。

さらにここから橋を渡って東にはいるとそこがアユタヤ遺跡周辺です。

なかなか日本から来る観光客の皆さまは本当のアユタヤに触れるのは難しいかもしれません。

私も2011年のアユタヤ大洪水の時期にきましたのでもっと前のことはわかりませんが、少々バブルっぽかったと聞きます。

日系企業の工業団地でアユタヤがけっこうバブルっぽく海外の高級車がはしりまわってたとか。

そして、世界遺産という名前により非常に日本人客もたくさんきてます。

アユタヤは日帰りでバンコクに帰られるルートが非常に多いのですが結構夜景ライトアップで美しい光景も見れますので是非アユタヤにも泊まってほしいと思います。

タイアユタヤ旅行 アユタヤで1泊します

トゥクトゥクのおじさんにすすめられた近くの宿にとまります。

リゾートホテルっぽいとこです。

アユタヤおすすめリゾートホテル アユタヤリトリート

アユタヤで宿泊するならリゾートホテルです。

アユタヤ遺跡から近く、料金も他ホテル比較でお得。

景観美しく、日本のホームページでは見つからない場所です。

アユタヤの宿 他社との価格比較

有名ホテル、カンタリーやカメオが2,500から3,000THBといったところ。

アユタヤ遺跡近くのクルンシーリバーは2,000THBですが普通のホテル感覚。

豪華ホテルならバンコクで泊まってると思う皆さまにはリゾートホテルをおすすめ。

2020年2月でこのアユタヤリトリートは1,900THBでしたので少しお得。

アユタヤトリート場所はここ

Google MapへJump

ここはアユタヤ遺跡の西側です。

移動も楽です。

車では、こんな田舎に綺麗なリゾートがあるか不安になりますがご安心ください。

入り口はこんな感じ

玄関はタイの鬼がお迎え。

入ってすぐ左で受付をしましょう。

駐車場が写真右奥への道の先にもあります。

美しいリゾートのあちこち

玄関まわり

アユタヤ遺跡っぽさをだした建物

遺跡の中の仏像様のイメージ

館内の雰囲気

くつろげる空間

この向こう側に、食事をする綺麗な場所とプールがあります。

食事するところも美しく!そしてリゾート感

中庭には噴水、リゾート感満載

ゆっくり、くつろげます。

プールサイド

泳がなくても見てるだけで気持ち良くなります。

アユタヤトリート 部屋

クラシックな雰囲気です。

アユタヤトリート 食事メニュー

リゾートホテルなので料金は観光地価格

料理に関しては、特にエビ料理はエビ市場へ行くのをおすすめ。

アユタヤトリート 実食

カーオパ・アメリカン、これは外人向けのチャーハンです。

タイ料理苦手なかたはこれ。

無難な朝ご飯ならこのトースト。

ドリンクは普通。

タイケーキです。

日本の和菓子のような感じです。

アユタヤトリート まとめ

このリゾートホテルおすすめの理由は、せっかくのアジア旅行。

普通のホテルならバンコク宿ですみます。

せっかくのアユタヤなので、リゾートホテルを満喫してください。

ただ、お料理に関してはやはり他の場所で食べるのをおすすめします。

タイアユタヤ旅行2日目、続けて観光!アユタヤの食事

トゥクトゥクのおじさんが待っててくれました。

アユタヤ名物 クイッティアオ ルア (船の上のクイッティアオ屋)

タイ観光地で人気のアユタヤ遺跡。

ここでのおすすめの食事のひとつにクイッティアオ・ルアがあります。

船の上での商売が多かった昔。

チャオプラヤ川は商売が栄えてました。

船の上でクイッティアオを売ることが有名になりこの名前になったそうです。

クイッティアオ屋の場所はここ

外人向けにBlue Riverという名前もありますが、タイ語ではまったく違う名前で書いてます。

Google MapへJump

西から見た入り口

西から見た入り口です。

東から見た入り口

東から見た入り口です。

車で来る人は駐車場はアユタヤ病院をおすすめします。

ここは駐車場かなり狭いです。

アユタヤ観光で具合悪くなったら

タイ国アユタヤ海外情報

アユタヤ観光の際に具合が悪くなったときは病院に行きましょう。 この病院はアユタヤ県立の病院で料金は高くないです。 しかし…

このように狭い入り口です、車で入ると帰るころには出れなくなります。

運転に自信ない人はアユタヤ病院へとめましょう。

このお店、タイ語では「フアイ・カー」と呼びます。

意味は足の長い椅子にすわって足をぶら下げているさまを言ってます。

英語表記とは全然違う名前なのでトゥクトゥクなどタイ人の運転手にはこのタイ語のお店の名前を伝えましょう。

川沿いのお店なので川を眺めながら食べるのがおすすめ

目の前はチャオプラヤー川です。

魚釣りをやっている人も見えます。

観客船や、運搬用の船などいろいろな船が行き来します。

クイッティアオ屋 メニュー

価格は現地価格です。

デザートのかき氷も暑い中食べるのは美味しくおすすめ。

今回お店の人おすすめメニューを食べました。

クイッティアオ・ルア

アユタヤで有名なクイッティアオ・ルアです。

これを食べるためにこの店きたようなものです。

35THBと良心的な価格。

クイッティアオ・トムヤム

トムヤム味のクイッティアオ、50THBです。

ソムタム・トー

ソムタムとは、英語でパパイヤサラダ。

トーは揚げ物なので、天ぷらのソムタム、100THBです。

ステー

これも人気とのこと。

80THBです。

カレー風味の豚肉です。

いちごかき氷

4歳の娘は冷たい物が大好き。

165THBです。

食べてる最中も、練乳やいちごソースをたっぷりかけます。

暑い中、ヒンヤリしたかき氷を食べながらチャオプラヤーを眺める。

アユタヤを満喫してる感、満載です。

クイッティアオ屋まとめ

アユタヤ来たら、エビを食べるのと同じぐらいこの「クイッティアオ・ルア」は食べるのがおすすめです。

エビ市場へも行きたい場合は、アユタヤで一泊されることをおすすめします。

他にも射撃場で実弾を撃てるなど、けっこう日帰りはもったいないのです。

タイはのどかでいいね~。

ここで、タイってエビ有名だよね?

昼はエビ食べたい!ということで、ちょっと大移動。

タイアユタヤ遺跡からエビ市場途中にある射撃場で遊ぼう

なんと驚き価格の約1,600円で実弾が撃てます。

有名なお寺「ワットヤイチャイモンコン」のすぐ近くです。

実弾を撃つのか、エアーガンを撃つのか選べます。

タイ住みの人は会員になると年会費支払いでお得になります。

観光の皆さんは今回だけの試し撃ちが良いです。

タイ人の知り合いを連れていかないと、外人価格で1,500THBぐらいになりそうです。

場所はワットヤイチャイモンコンの近く

このお寺の近くにAyutthaya Province Stadiumというサッカー場があります。

このサッカー場の中に入り、奥に射撃場があります。

Google MapへJump

入り口はこんな感じ

完全にタイ語です、英語はありませんがまれに外人も来るそうです。

正面左側に上写真のような入り口があります。

ここから受付です。

受付をする

価格表です。

数字は左から、何発か、普通価格、会員価格になります。

初めての私にはこちらの銃を勧められました。

10発の実弾で、レンタル料金350THBです。

入場料に1人当たり100THB。(子供は無料でした)

しばらく待ちます

受付が完了すると、射撃場へ向かいます。

写真のような入場カードが渡されます。

あまり、自信がない人ではエアーガンをおすすめしたいとこですが、せっかくの実弾が撃てますのでがんばって実弾を撃ちましょう。

最初は殺風景なのですが、本当に実弾が撃てるとなると興奮してきます。

スタッフさんの準備が整い次第開始

実弾のせいだと思いますが、準備には5分ほど待ちます。

すぐに射撃場へ入っても良いのですが、ものすごい銃声で耳がかなり痛くなります。

耳あてを必ずつけて入場しましょう。

耳あてをつけて入場します。

インストラクターのかたも一緒にいてくれます。

実戦

インストラクターの方の指導の元、実施します。

タイのSNSでも評判が良いのがこのインストラクターの方の指導のようです。

親切・丁寧です!

まずは、弾の装着

まずはインストラクターの方が実弾の装着をやって見せてくれます。

そのあと、自分で装着をさせてくれます。

この拳銃は1回に5発装着可能、上写真は装着する状態になってます。

お金に余裕のある人は、料金の高いものを選んでも良いかもしれません。

私の選んだ拳銃は一番安いものですが、それでもかなり興奮しました。

弾を装着したら、構える

上写真の左側の標的を狙います。

この構えのときも、インストラクターの方が手の持ち方を慎重に手取り足取り丁寧に指導してくれます。

撃つ!かなりの興奮

撃つとかなりの反動で手首を持っていかれます。

両手構えで持ちましたが、それでも動いてしまいました。

何回か標的の中に当てることはできました。

この最中も、インストラクターの方は何度も手の持ち方を危険な目にあわないよう丁寧に指導してくれます。

5発を2回で完了

1回の装着が5発できるので、おそらく5連射もできそうですが、せっかくインストラクターの方が丁寧に指導してくれてますので1発ずつをしっかり見構えて撃ちました。

とても、片手で撃てる気はしません。

さらに受付の段階で50発も選べたのですが、おすすめは10発で十分です。

本当に大好きでこの機会だからという人だけ50発コースが良いでしょう。

射撃場アユタヤまとめ

結局、この射撃は1人450THBで実弾10発を撃てました。

非常に安いのではないでしょうか?

更に地元でも評判の親切・丁寧なインストラクターの方が指導してくれますので安心して撃つことができます。

難点は英語表記がほとんどないので、少しタイ語の本やスマフォでしっかり話をつけないといけません。

更に、今回パスポートの掲示もありませんでした。

しかし年間会員の登録の場合はタイ人の場合は身分証明書IDを提出するので外人はパスポート掲示になると思います。

完全にこの低価格はおすすめです。

インストラクターの方が丁寧に教えてくれて地元でも口コミは良いのです。

来る人は地元の警察官や軍隊の方々という話。

タイアユタヤの食事本命のエビ市場!

アユタヤ遺跡からけっこう離れてます!

でも来る価値ありなんですよ。

ここから近所に日系企業がたくさんある工業団地があるのですが、日本からVIPの方々くればここに来るかんじですね。

アユタヤは日帰り旅行が多いのですが、このエビ市場での食事はおすすめです。

行くなら1泊したいところです。

アユタヤ世界遺産と夜のライトアップ、象乗り、射撃場、エビ市場。

思い出に残る旅行になること間違いなしです。

このエビは川エビです。

エビ市場はアユタヤ遺跡から離れてます

Google MapへJump

アユタヤではタクシーはなかなか、見つかりません。

トゥクトゥクで行くまたは、もともとアユタヤ観光を1日車貸し切りがおすすめです。

運転手の方に、この行先を指さします。

「ヤークパイ、タラークン」

(行きたい、市場・エビのというタイ語になります)

エビ市場はこんな感じ

バンコクから北方面にのびるアジア通の側道沿いです。

アユタヤからですと少し北方面に移動してからUターンした側道沿いにあります。

お店を探そう

市場の中を散策します。

お店の前には、数字が書いてあります。

これはkg単価になります、もちろんTHBです。

品定めをしてお店を選びましょう。

エビを焼いてるところが見れます

非常に香ばしい匂いが漂います。

注文はやっぱり焼きえびをたくさん食べて欲しい

焼きエビがメインですね。

ご飯にはエビチャーハンのカーオパタレー。

タイ語で海鮮チャーハンです。

このクンパオもおすすめ。

他にもエビ料理ありますが、やはり焼きエビをひたすら食べましょう。

注文はメニューで写真を指さしで大丈夫です。

エビ市場まとめ

いかがでしたでしょうか。

移動手段がこの場所は大変なのが難点です。

しかしこのエビ市場(タラークン)は地元でも人気なのです。

おそらくこの近所にあります日系工業団地では日本人が出張でくると、ここは必須の招待場所かと思われます。

お店の前に並ぶ、カブトガニや他の魚介類を見てるだけでも楽しいですよ。

はい!もうエビずくしで大満足です。

タイアユタヤ旅行の帰りがけにマッサージ

1時間で200THBです、ここはマッサージ用のスーッとするオイルを塗ってくれるのでとてもおすすめです。

アユタヤ観光でマッサージ行きたい!そんなときにどこが良いか。

いろんなお店がありますが、結論としては担当になったマッサージの人次第です。

相性、力加減、マッサージして欲しいところをわかってくれるなどはなかなか難しいです。

今回おすすめのお店は、この価格でここまでやってくれるお店。

1時間200THB、オイルマッサージ&タイマッサージです。

きがえます

案内されると、カーテンを閉めて着替えをします。

この服に着替えることで、マッサージをしやすくなります。

うけるがわも快適です。

着替えおわったら、カーテンを開けましょう。

担当の人がきます。

足から始まる

足からていねいに、やってくれます。

細かいところまでもみほぐします。

このときに、足の汚れもとりながら指先からほぐします。

次に、ふくらはぎ、ふともも。

ふとももあたりで、股関節あたりを約10秒ほどおさえて離す。

これによって、血がパーッと足のつま先までまわっていきます。

少しづつアクロバットな体位に

にゅうねんに、ほぐしていきます。

もし、痛いときは「ジェップ」と言う

タイ語で「ジェップ」は痛いという意味です。

素直にジェップといいましょう。

弱くしてほしいときは「バウバウ」が弱くというタイ語です。

通常はオイルマッサージは高い

もみほぐしながら、オイルを使用してくれます。

通常はオイルマッサージは1時間あたり倍の400THBぐらいかかります。

足の次は腕へ

肩甲骨あたりに、マッサージ用のスーッとする薬を塗ってくれます。

さらに肩をほぐしながら、腕、手、指とほぐしていきます。

うつぶせになります

首回り、肩、背、腰から足にむけてほぐしていきます。

再度、仰向けに。マッサージ師の膝に頭をのせる

肩、くび、頭をよわめにもんでくれます。

あぐらをかいた状態ですわります

くび、肩、背なか、腰をもみほぐします。

タイマッサージならではのアクロバットもはいります。

このあたりで、1時間となり終了します。

チップの相場は日本人だと100THB?

バンコクならマッサージのチップ相場は100THBです。

もし普通程度だと思えば50THBでも構いません。

不満足であれば、20THBまたはださないのもいたしかたないでしょう。

アユタヤマッサージまとめ

基本どこのマッサージもアユタヤはほぼ同じといったところです。

少し、バンコクよりも相場は安いです。

もし、痛いときは正直に言いましょう、日本人が思うほどタイ人は特に気にしません。

本日のおすすめは、アユタヤ市内観光地域から少し東へいったThe SKYというショッピングモール内です。

Google MapへJump

2階に何店舗かありますが写真が目印です。

タイアユタヤ水上市場でお土産を買う

現地価格で購入できます、バンコク比較で確実に安いのでここで購入がおすすめ。

しかし象乗りはかなり口コミ悪いのでここでは乗らないで先ほどの遺跡内が良いです。

タイの観光には水上市場がルートにはいっていることがあります。

この水上市場はアユタヤにもあります。お土産がお買い得でおすすめですよ!

アユタヤの水上市場について見どころを紹介します。

アユタヤ水上市場の場所はここ

f:id:yasuayutthaya:20191205145632j:plain

Google Map (アユタヤ水上市場へJump)

アユタヤ水上市場にも象乗り場があります

f:id:yasuayutthaya:20191205151252j:plain

情報によると、価格が変動してます。

1,700THBだったり1,000THBだったり。

相手を見てきめているのか評判悪いのでおすすめしません。

アユタヤ遺跡のエレファントキャンプをおすすめします。

そちらは400THBです。

さらにチップをかなり要求するらしいのでこの水上市場の評判を落としてます

アユタヤ水上市場で象乗り場で私が乗ったときの場合

普段は外人だと600THBとかかなり高いんですが今日は父の日です。

私自身が無料。子供と妻はそれぞれ100THBで合計200THBでした。

娘はサングラスを落として壊したり、帽子を落とすなりドジばかりしてました。

もし乗るときは皆さんもお気を付けください。。。

今日は父の日で無料のせいか、短いコースでした。

一度は乗りたかったのでまぁいいですが。

何故か私の家族には、象の子供も一緒に歩いてました(上写真の中央下)。

ただ、日本人とわかると他の人よりも随分時間をかけてまわってくれました。

最後に降りる前も、お土産のような象牙っぽい腕輪を3人分500THBといわれましたが、断りました。

それでもチップをあげたので象使いの人も喜んでました。

ちなみに象のりでおすすめされた象牙の腕輪は周辺では細いもので100THB、太いもので150THBでした。(?)

妻は最初50THBでもいいぐらいだと言ってましたが、いろいろ話をしたので100THBあげてといってました。

バンコクでもマッサージ受けたら相場は100THBだったと思います。

あまりケチるのも彼らは所得が低いので少しでも良かったと思ったら多めにあげたほうが良いです。

(そんな私は昔一切チップあげませんでした)

結論としては、水上市場の象乗りはおすすめしません。

アユタヤ水上市場 水上市場の船乗り

f:id:yasuayutthaya:20191205152714j:plain
右上写真はお土産の象牙

その名のとおり水辺の市場です。

船に乗ることもできます(300THB)。

魚に餌をあげるのはタイではタンブンといって徳を積む行為となります。

餌は1袋10THB.

アユタヤ水上市場 タピオカミルクティー屋さん

f:id:yasuayutthaya:20191205153756j:plain

日本で流行っているタピオカミルクティーが39THBで売ってました。

タイではもう5年前ぐらいから人気があったのでさほど珍しくもないですが。。。

ここはセルフサービスで、自分でトッピングして、自分で氷と好きな飲み物を注ぎます。

今の相場だと日本円で150円ぐらいです。

アユタヤ水上市場 お昼ごはんにおすすめ!15THBクイッティアオ屋さん

f:id:yasuayutthaya:20191205154729j:plain

お昼には15THBのタイのラーメン、クイッティアオがありましたのでこれを食べました。

タイ全土でほぼ同じですが、座席に上写真右下のようなメモがあったらこれが注文書です。

これにオーダーを書きます。

氷も有料ですが2,3THBです。

もちろん水も有料ですがこれもだいたい10THB程度です。

写真中央上の調味料で自分好みの味にします。

辛い・しょっぱい・酸っぱい・あとなんかがあります。

私は日本でも調味料いれない派ですのでいれません。

結局、大盛3人分と水を頼んで140THBでした。

アユタヤ水上市場おすすめ、タイの服お土産に!

他にも服が安いです。

バンコクで売っているものと比較するとここはタイ人価格で販売されています。

表示のないものは跳ね上がるかもしれませんのでお気をつけて。

基本服は100THBで売ってますし、なかには70THBや50THBもあります

バンコクと違って地場代が高くないのでこの価格なんだと思います。売っている人たちもアユタヤの近隣の人なので安くたくさん買ってほしいのかと思います。

f:id:yasuayutthaya:20191205155641j:plain

タイ アユタヤ駅でトゥクトゥクおじさんとお別れ

トゥクトゥクのおじさん、2日間ありがとう!一生わすれないよ!

おじさん「OK~OK~、Today ネー、Today No money ネー」

ん?何いってるんだろう。

おじさん「No~No~ Today No money 」

まとめ

アユタヤからドンムアン駅まで帰り、ふたたび日本へ戻るのでした。

いかがでしたでしょうか?アユタヤ妄想ツアー。

更にアユタヤでおすすめの場所をみつけたらどんどんアップしていきます。

合わせて読みたい記事

ムエタイを観たい

タイ国アユタヤ海外情報

タイといえば、格闘技のムエタイは有名です。 日本人好みのKOはほとんどないもののレビューはなかなかの評判。 タイ人男性の…

時間があるならこのリぺ島へどうぞ

タイ国アユタヤ海外情報

タイは世界の人気観光地の中でも多くの人気な観光島がたくさんあります。 今回はそのタイ国南側の島、リぺ島をご紹介します。 …

バンコクから最も近い島 シーチャン島

タイ国アユタヤ海外情報

タイ首都バンコクからもっとも近い島シーチャン。 ネットで調べるもあまり情報はないので観光にむかいました。ゆったりと流れる…

タイ サタヒップの海

タイ国アユタヤ海外情報

タイ パタヤから少し南にある”サタヒップ”という海です。 タイ人観光客が多い海です、日本人は少なめで釣り客はよくくるよう…

タイ ホアヒン観光

タイ国アユタヤ海外情報

タイの海といえばプーケットや南の島が非常に人気です。 バンコクから近いパタヤも西欧人に大人気ですが、このホアヒンという海…

タイ アユタヤで活躍した日本人 山田長政

タイ国アユタヤ海外情報

タイのアユタヤ県はアユタヤ遺跡もある世界遺産で観光地としても有名です。 過去はアユタヤ王朝という時代もあり非常に栄えてま…