タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
2020年末帰省ロックダウン

タイ年末ロックダウン? 【日系企業で働く人は注意喚起】

2020年末帰省ロックダウン

2020年12月末の年末年始。今年は土日の日程がうまいぐあいに関連して大型連休になる企業がおおいようです。これにともまってクリスマス後に連休がはじまるのがほとんどですね。こんな最中、いろいろ遊びに行く計画をたてた人が多いと思われますが、コロナ感染者がここタイで増加中です。ここではロックダウンされた場合を想定して注意喚起します。

ロックダウンは、危険を理由に、建物やエリアへ入ったり、そこから出たり、その中を移動したりが自由にできない緊急の状況をいう。日本語の辞書には記載がなく、現在のところ定義がない。 人々の移動や、屋外活動を基本的に政府や自治体が強制的に禁止することを意味する場合もある。

引用元:ウイキペディアより

みなさんご存じのスーパーの出入りでスキャンするあれ

新型コロナウイルスの影響で、どこのお店も出入りするときには写真のような記帳をしたり、スマホのカメラでスキャンすると自動でURLにはいり出入りを登録されます。

これによって、あとあともしこのお店でコロナ感染者が発見されたら通知がきたり病院への検査をすすめられたりします。

ここまでのお話は良い話の場合ですね。

悪い話のスキャンの場合

このような話をご存じでしょうか。

バンコクの飲み屋さんが非常にお客さんが減って困っています。

しっかりとソーシャルディスタンスやコロナ対策の対応もしているのにそれでもお客さんが遠のいてます。

これにはこのスキャンの話もあるようです。

いままではお忍びでお店に行っていたが、万が一そのようなお店に行ったことが会社にばれると困る。

かといって、お店側も内緒にするわけにもいきません。

これは何をいいたいのかというと、ロックダウンとは封鎖されることです。

つまり封鎖されたときに、県外にいた場合はあなたのことがこのような事態のときに県外に居たということがわかるということです。

このようなこともあるので、コロナ感染者が増加傾向にある昨今ではおとなしく自宅で自粛しているのが一番です。買い物についても一番近い場所で済ませましょう。これで感染したときはおそらくたくさんの身近な人達も感染しています。こればかりはふせぎようがないでしょう。

会社もコロナ禍の状況で記事にさらされるかも

2020年の4月や5月ごろでした。

まだ新型コロナウイルスの影響でタイ政府が非常事態宣言を発表し、各企業が様子を見ている最中でした。

とある日系企業から感染者がでました。

このあとどうなったか?

  • まずは会社の中を洗浄するので休業となる
  • 会社内部の徹底的な消毒活動
  • 関連企業への通知、および感染の悪影響があるかどうかの確認
  • これにより、マスコミ関係者へも通達される
  • 何気に風評被害
  • しばらくは巷の話題にさらされる

いかがでしょうか。

結構な状況におちいります。

それがもし、自分自身だとしたらかなり危険な状況ではないでしょうか。

日本本社からの出向者であれば、回復後にはしばらくしてから予定よりも早く日本へ帰国でしょう。しかも日本へ帰国後も冷たい扱いが待っているかもしれません。

現地採用者であれば、自主退職を強要されるかもしれません。会社への多大な被害を発生したわけです。おそらくこの状況は法律に守られているタイ人でさえもじゅうぶん会社に被害をだしたとして解雇できる可能性は高いと思われます。

タイ日本大使館2020年12月20日の発表

バンコクの西隣サムットサコーン県での新型コロナウイルス感染者拡大状況及び同県の中央エビ市場にて感染したと見られるバンコク都住民一例の発生を受け、本日12月20日、バンコク都感染症対策委員会が招集され、緊急会見が夕刻行われました。

会見で発表された、バンコク都としての対応概要は以下のとおりです。

今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めてください。

  • 都内の生鮮市場等を対象として、積極的疫学調査を実施する。
  • 参加者の多い、参加者の距離が密になるようなイベントは当面控えるようお願いしたい。感染の危険性が考えられる施設や活動としては、娯楽施設、ムエタイ・ジム、各種市場である。これら施設や活動をはじめとして、物理的距離の確保やマスクの着用といった防疫措置の徹底を改めて呼びかけたい。
  • 今次感染者の多くを占める外国人労働者が利用することの多い公園について、都営公園は引き続き営業を続けるものの、密になることを避けるようお願いしたい。
  • 寺院も外国人労働者が集まる場所として知られているところ、宗教行事の自粛をお願いしたい。
  • 年末年始の各種イベントの自粛を求める。この点、都当局関連の行事は全て中止を決定したところ、民間にも協力をお願いしたい。
  • 仮にそれらイベントを実施する際は、保健当局から許可をとりつけ、防疫措置を徹底した上での実施をお願いする。
  • 都内の官民全てに対し、少なくとも向こう14日間、可能な限りのwork from homeをお願いする。
  • 都営の教育機関について、サムットサコーン県に距離的に近い区内(バンボン区、ノンケーム区、バーンクンティアン区)に所在する学校については14日間の休校、つまり明年1月4日までの休校を決定した。他の都営の教育機関についても不要不急な試験等の実施を避けるよう指示済みである。

 

在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続き感染予防に努めてください。

なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。

 

引用元:タイ日本大使館

まとめ 結局は自分のため家族のためにも自粛

周りに多大な迷惑をかけることもありますが、それいぜんに自分自身が、さらに家族やまわりの人に大変な事態に陥れてしまいます。

タイでは12月にチェンマイにてミャンマーからの無検査入国により感染者が注目されていました。

年末になって、サムッサコーン県のエビ市場にて外国人労働者の無検査入国により感染者が増加してます。

これはどちらもミャンマー国がからんでおり、プラユット首相もはっきりと問題をニュースで発表しました。タイの世間ではミャンマー人にたいする批判が増えており、さらに入国管理局の賄賂受け取り問題も復活してます。

年末年始はなんだかんだ、実家への大移動はすでに始まっており年末年始のタイ全国のコロナ感染者がどうなるか非常に心配なところです。

タイの人々はどこへも出かけないことを推奨していますが、結局は里帰りしている人はたくさんいます。今回タイ政府の発表が12/24にありましたが、これといった完全に県外への移動を禁止するような発表までには至りませんでした。

今後の動向に注目です。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

2020年コロナ時代 年末年始は帰省しない アンケート結果

タイ国コロナ第2波か?!サムッサコン県で548件のCOVID-19が発見される

ミャンマーからの無検査入国タイ女子 1G1ホテルからの感染か

タイでお酒が買えない時の早見表 こんな時は買えない

冬のボーナスは何買う?2020コロナ影響はどうだ?