タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイでクビ

タイ現地採用クビになりました! 海外移住興味あるなら必見

タイでクビ

海外に住んでます。現地で仕事を探した結果いろいろあって解雇となりました。海外移住に興味ある人が多い時代です。こんなこともあるのかと是非お読みください。

もともとは日本の会社から出張できました。しかし、その会社ではほとんどの人が帰国を機に退職をしました。私は2年間耐えた末に身体を壊して退職しました。今回の話はこの退職ではありません。この時はまだ現地採用ではありませんので。

国際結婚あるある 海外出張を機に社内結婚

私も海外出張を機に国際結婚をしました。非常に多くの人がタイでは社内結婚してます。会社によっては非常にお祝いしてくれる会社もあれば同じ会社で結婚するのはよくないと考える会社もあるのです。私の場合は後者でした。妻は解雇扱いで退職しました。

最終的には私は2年間耐えたのですが完全に身体がおかしくなり退職します。

職探しは日本とタイで両方やりました!

退職後は日本でも職探しをしました。日本の場合はかなり条件が悪いですね。年齢的なものもありとてもじゃないですが生活できない条件ばかりです。今まで技術職でやってきましたが年配者にはあまりそのような意味合いで有利かといえばそんなことはないです。よほど前の会社で業界つながりで人との繋がりでもないと厳しいです。

以下のような理由から結局タイで仕事をすることになりました

  • 私自身が高齢
  • タイ語ができるのでメリットになる
  • アジアでは技術系経験者は重宝される
  • 妻が日本語まったくダメ
  • 子供がのびのび育つなら日本は不利

職探しは人材紹介会社がベスト!

バンコクだとフリーペーパーがあるなどたまに聞きますが、情報量が何といっても人材紹介会社です。

その仕事のスペシャリストですからたくさんの案件があるのはもちろん。会社側も早くたくさんの人の仕事を紹介して利益を出すわけですから膨大な案件をもっています。

個人的意見でもありますが、なんといってもパーソネルコンサルタントさん一押しです。

パーソネルコンサルタントとは

はっきり言って、量と質、スピードどれをとってもずば抜けてます。実際にお願いした私が言うんです。

さっそく本題 なんでクビに?

いろいろな事情はありますが、箇条書きで下記に原因を並べてみます。

  • 経営者の日本人がおかしい
  • 頼まれている日本人もおかしい
  • 権限あるタイ人はまだまとも
  • まともな会議が何一つない
  • タイ人もかわいそうな会社
  • 会社自体にまともな経営理念がない

このような理由です。あまり細かい説明をしても意味もありませんが私のタイ語力不足もあるでしょう。しかし現在の会社では十分に仕事ができてます。

タイでは日本と異なるさまざまな会社がある

上の箇条書きの内容ではいまいちピンときませんよね。少しわかりやすく説明します。

その会社はとある日系有名企業の下請けの仕事です。大手では決してありません。その会社の仕事はとあるA社の決まった部品を確実に注文をもらえる仕事の会社でした。なんでそんなことができるかというとその経営者の息がかかっているからです。

とある日、それが問題になって取引がなくなりました。そのことによってその会社は経営難になりますが何とか日系企業関連の別の会社から少しづつ仕事をもらって何とか経営が続くのでした。

こんな仕組みで生まれた会社なのでそもそも会社経営者に夢がありません。金だけです。このためその人の部下も金だけです。夢を語るもないです。

このような会社は昭和の時代に淘汰されていますが海外東南アジアではこのような会社がたくさんあります。おそらく社長のボンボン息子会社とかもたくさんあることでしょう。

私の能力もたいしたことないというのも事実ですが、こんな仕事一生懸命にやるわけがないので何とか解雇に結びつけました。

解雇した場合は会社側は3か月の補償金を支払う

これヤラシイ話に聞こえますが、この次が肝心です。

さらに一週間以内に国外退去しなければなりません。タイ国から出ないといけないのです。ビザがなくなるからです。

裏技でタイの北部からラオスに少しでるとかもあるようですが基本よくありません。日本人ならしっかり日本に帰国して、タイに戻るときは日本のタイ大使館でちゃんとビザを取得してから再度タイに入国です。

このようにものすごくお金が発生します。綺麗ごとでは生きていけません。

海外東南アジアで働くには会社選びはすごく重要

インターネットで検索すればたくさんでてきますが、とんでもないブラック企業がたくさんあります。

気軽に会社経営をはじめたようなひどい会社や、日本ではクリーンな会社でも海外だと運営方針が違ったりなどなど。

なのでおすすめする行動は?

基本、会社も最初は試用期間というものがあります。3か月か4か月です。この間にだいたいおかしい会社かわかります。

長年勤めるなら早いうちに見切りをつけることです、使用期間のあいだに辞めましょう。

また面接でもはっきりと聞きずらいことも聞くのが海外です。または試用期間中にいろいろ聞くのも良いでしょう。

例えば仕事をしているあいだに、過去いたであろう日本人の書類やサイン。なんでこの日本人は今いないのか?定年退職なら良いですがそんな年齢でないのなら怪しいです。

実際にどんな仕事をするのか?面接時とは異なる話は絶対です。なのでこの3~4か月というのは非常に重要です。本音の部分がでてくるはずです。あなた自身もまずはやってみようという意気込みもあることでしょう。念のため東南アジアならではの仕事の傾向を下記に示します。

東南アジアでの仕事の陥り方

  • あまり、いろいろ自分でやると全て自分でやることになる
  • 基本日本人が手を出すと現地人は遠慮してやらない
  • 基本自分より上の役職者はあなたの存在が面白くないので邪魔はする
  • 仕事の問題を言葉の問題と一緒にされないようきぜんとした態度をもつ
  • 権限以上の責任は取らないようにする、責任をおしつけがちなので危険です
いろいろ書きましたが、簡単にいうと「自分に合わないと感じたら辞めよう!」ということです

まとめ こんな時代に気軽にやめられないです よね

現在は新型コロナウイルスの影響で世界的規模での大不況です。こんな時代に再就職なんて難しいですよね。

しかし、あなた自身が精神的に病んで身体を壊したら本当に何もできません。誰かに支えてもらうしか手段がなくなります。家族も愛想をつかしてどこかに行ってしまうかもしれません。こうなってしまったら新しい人生を考えるしかないでしょう。今現在の行き方がガラっと変わるかもしれません。

ある意味私がタイで生きていくことを決意したのも人生をガラッと変えることになりました。過去日本での生活からは驚くほど年収は下がりましたが、とんでもない幸せな家族を授かりました。

今現在もタイの会社で幸せに働いています。とんでもないぐらい良い会社です。おそらくタイで働いている人からすれば大体の人が羨む仕事です。もしかしたらこの会社でもコロナ影響で現地採用から順に人材整理されるかもしれません。それはそれで受け止めるしかありません。家族も失うかもしれません。しかしまたそこから新しい人生が始まるかもしれませんね。何事も前向きに考えて生きていけば必ず光が見えてきます。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

健康診断の費用は?海外タイの労働許可証 レビュー

タイの年金プロビデファンドとは?

日本とタイの渡航はいつから?ニュースまとめ

タイ移住の条件とは?生活や仕事は?在タイ10年が教えます

タイ移住するメリットとデメリット生活費・ビザ・仕事は?2020年

タイ現地採用ブログのグチ 退職の数々!待遇とタイ語力は?