タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイリぺ島

タイは世界の人気観光地の中でも多くの人気な観光島がたくさんあります。

今回はそのタイ国南側の島、リぺ島をご紹介します。

砂浜はもちろんのこと、海もすきとおった美しさ。

島の雰囲気も最高です。

※リぺ島までの移動はかなりハードです。この記事を参考に早めの行動をおすすめします。なかなか待ち時間が多く、移動で2日間かかってしまうと思います。

まずは場所がどこなのか?

場所はタイ国とマレーシアの国境よりです。

プーケットより南、マレーシアから入る方法もあります
Google航空写真でも綺麗な海がなにかみえてきますね!

リぺ島はここ。

過去にリぺ島に行ったときのことをお届けします。

島に渡るには、一度ハートヤイまで飛行機で南方へ向かいます。

日本からくる皆さんはマレーシアから入ったほうが近いということでそちら経由で来る方もたくさんいます。

ハートヤイは日本だとハジャイと呼んでるかもしれません。

飛行機で最寄りの空港”ハートヤイ空港”まで

ドンムアン空港からハートヤイ空港は約1.5時間

まずはドンムアン空港からハートヤイ空港へ向かいます。

これが、LCCではなく、スワンナプーム空港からでもハートヤイ空港まで約1.5時間と見れます。

このバンコクからリぺ島までの移動だけでも何気に1日がかりになっちゃいます。

そんなに日数かけたくない場合は早朝から行動しましょう。

看板にはタクシーメーターと書いてますよね?

早い時間日程を考えると、待ち時間こみでハートヤイ空港に着くのは午後以降になってしまう可能性は高いです。

実はこのハートヤイ空港から、船着き場”Pak Bara Pier”までは結構な距離があります。

車・バスでは2時間コースだったと思います。

ハートヤイの船着き場から島へのボートは遅い時間はもちろんやってません。

なのでこの時点ですでにハートヤイで1泊したほうが良いのです。

この考えは正しかったです。リぺ島に仮に着いても本当の島です。

真っ暗な中、宿探しは危険です。

ハートヤイの観光もたっぷり味わいましょう。

ハートヤイ空港からハートヤイ中心街までに行くことにしました。

空港には写真のような”TAXI METER”といういかにも正統派タクシー!という名前です。

乗ってみると、メーターは動かしません。

しかも妻はたしか乗る前に交渉してました。

ハートヤイは中国文化がいっぱい

飛行機から見たハートヤイ上空

結局、時間的に無理そうですし、あまり急ぐとぼったくりになりがちです。

ハートヤイの中心街のホテルで1泊しました。

周りは何故か中国語で声をかけてきます。

私が日本人でなく中国人に見えるのかな?

この地域は中国系が多いそうです。

ホテルを決めた後に明朝の船着き場”Pak Bara Pier”までのチケットを探しに行きます。

するとすごくたくさん旅行ツアーがあるんです!

タイであるあるですが、旅行ツアーのお店のすぐ隣も同じくツアー。

値段やサービスを聞いたらとなりの店も聞いてみましょう。

今2019年12月の価格は1人往復600THB。

これバスでハートヤイの中心街から船着き場。

帰りは船着き場からハートヤイ空港です。

船着き場”Pak Bara Pier”を出発

クルーズ船の看板
なかなか来ないのね

翌朝、ツアーバスの待ち時間。

・・・時間どおりに来ない。

タイにはよくあることです。

今度はバスは来ました!

しかしなかなか出発しません。

・・・もう30分経過しました。

なんでもバスに同席する客が注文した飯がなかなかこないので待っているとか?!

そんなことでも待ってあげるタイの観光ツアー!人情ありますよね!

何とかバスは出発しました!

ハートヤイの中心街から西方面の船着き場まで約1.5時間ぐらいだったでしょうか。

今度は船着き場でクルーザーのチケットを購入し、船が来るのを待ちます。

ここでも結構待つんですよね。

フェリーはリぺ島まで片道島巡りこみで約1.5時間です。

上のフェリーについてのリンクを見るとわかりますが、最終便で夕方15時半発リぺ島5時着です。

これなのでタイの小島に旅行の際は1番早い飛行機のチケットで行動しないと当日に目的地たどり着けません。

ジェットクルーズで島巡り

船に乗ると安全のためにベストを着ます。そして、要所要所で近隣の小島を徘徊します。

朝9時にハートヤイ市街をでてもリぺ島着いたのは夕方少し前ぐらい。。。けっこう大変

なんだよーめんどくさい。そんなのいいから早くリぺ島に行ってくれと思いました。

島巡回クルーズ

「おおー!」

思わず声がでそうな綺麗な海!日本では見たことがない透き通った海です。

自然の形もどこかで見たような綺麗な光景です。

何か所か島めぐりします(タルタオ国立公園)

さすがの娘も疲れ果てて、寝てしまいました。

いやーでも綺麗な島めぐりです。

やっとたどり着いたリぺ島

やっと到着したリぺ島!かなり疲れます。

これが早朝出発してその日のうちに到着もできるようですが、少しでも何かで遅れたらと思うと余裕もないのは嫌ですよね。

今回はなにせ無計画です。

着いたらその日の宿を探します。

リぺ島までの道はこんな感じ。

プーケットの南あたりを見てください。なんか小さな島があります。

そして船が到着するのはこの下の写真矢印。

緑矢印が船のつくところ。けっこう小さな島できがつくと島の反対側にすぐついてしまう。

船がついた辺りで早速宿探し。

決めた宿は家族3人で1,700THBでした。

これでも海は目と鼻の先で素晴らしいところ。

部屋は日本人が感動するような豪華な部屋ではないけど、そんな人用のところももちろんあります。

さっそく、海へ!

船着き場の近くなので、そこまで海は透き通ってはないです。

リぺ島で泳ごう!

きれいな景色なのでスマフォも持っていきます。

少しお金も持っていくと、何気に海に入れません。

もう夕方近くなので暗くなってました。

船の出入りを見ているだけでも、気持ちのいい眺めです。

リぺ島、船着き場の雰囲気

リぺ島のセブンとWalking Streetやクリニック

宿に戻って、ご飯にします。

ちょっとしたお酒も買いたい。島を散策します。

船着き場からセブンまでの道のり

島でもセブンがあるんですねー。

私が行ったときは、ちょうどプミポン国王がお亡くなり1年の日でしたのでお休みでした。

しかし、2件ぐらいとなりに酒屋さんがあってそこでお酒を買えました。

このセブンはリぺ島のWalking Streetの入り口です。

なので夜の食事はこの通りで探しました。【夜ご飯はWalking Streetがおすすめ】

この夜はシーフードの食べ放題のお店にしました。

ちなみにこのWalking Streetにはちょっとした【クリニック】もあって何かケガしたり具合が悪いときには便利です。

更にこのリぺ島からも観光ツアーがあり、この近辺でそのツアーを募集してます。

観光客は西洋人ばかりです。

私も英語で、海はどっちですか?と聞かれましたが何となく答えることができました。

しかし、語尾にタイ語の「Krap」をつけていたような気がします。(笑)

2日目は北側のマウンテンリゾートへ

2日目は妻が北側の海に行きたいと言います。

このためトゥクトゥクでその北側にある”マウンテンリゾート”へ向かいます。

小さい子供がいますし、日差しが強いので徒歩は厳しいです。

たどり着くとものすごい数の部屋数のホテル。

後ろ側から入ってきてしまったようで受付正面にむかいます。

・・・残念ながら満室。

???こんな平日に?10月の中旬だったと思います。

まぁしょうがないので徒歩で北側の海辺を見に行きます。

自然の景色がすばらしいマウンテンリゾート(泊まれなかったけどね)

この写真のように、そこにはプライベートビーチかのような綺麗な海がありました。

西洋人が2,3人泳いでるぐらい。

透き通った海に大自然の景観。

なんでさっきのマウンテンリゾートが満室だったのか謎なぐらいに人気のないビーチ。

東へ歩くと Andaman Resortがあった

美しい海辺を歩いていると、そこにはまた景色にぴったりなバンガロー的なリゾートがありました。

妻が空き部屋を聞くと空いてました。

リぺ島北側の海

昨日の船着き場と違ってすごくきれいな海です。

しかも人がほとんどいないんです。

まぁ10月の平日ですしね。

白いすなはまにすきとおった海

おそらく、Walking Streetの観光ツアーはこの周辺の海の島はもちろんシュノーケリングも行けるようです。

これだけ綺麗な自然に囲まれた海は最高でしょう。

最終的に泊まったこの宿は、妻がいうには態度がタイ人だと言います。

アジア独特のふてぶてしい接客なのかと思います。

日本から来る方は料金は高いですがマウンテンリゾートをおすすめします。

5,000THBもだせばタイならいい部屋がとれます。

私は日頃から鍛えられてますのでぼろぼろな部屋、蚊がいっぱいの部屋、トッケイのたくさんいる部屋でも平気です。

蟻が歩いてるのも早いうちになれました。くれぐれも皆さまは真似しないようにご注意ください。

素晴らしい景色と朝食

翌朝は帰る日です。朝食はセットでついてました。

そんな豪華ではないです。

なんせ島ですしね。

よくあるパターンの西洋人向けトーストとハムエッグ・ソーセージってところです。

妻が昨夜、スタッフの態度が悪くGoogleの評価で最低をつけたと言ってました。

それを聞いていたので何かきまずい気もしました。。。

朝食を食べているあいだに少し日本語の話せるスタッフがいました。

なんで日本語話せるのかよくわかりませんでしたが、和気あいあいと話したもののGoogle評価を最低つけてたので、なんともかんとも。

Andaman Resort の正面砂浜は最高の自然

まとめ

なんだかんだ私的にはいたって普通のタイのホテルです。

暇なときに客がきたので面倒くさかったのでしょう!

このホテルは海の目の前、絶交の景色があるのでなんだかんだ低料金で泊まれるのは最高です。

朝には足跡をつけられるプライベートビーチになってました

おそらく人生で忘れることのない最高な旅行となりました。

いろいろ大変なことは少しだけありましたが、明るく陽気なタイのひとたちのおかげで楽しい旅行となりました。

長年住んでいるタイですがこの交通の便の悪さはなかなか休みがとれないと来れないです。

皆さまももし長期休暇がとれるならタイの小島は最高ですよ。

ではまた旅行の記事を書きたいと思います。

長文を読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたい記事【リぺ島以外のタイの海】

バンコクから最も近い島 シーチャン島

タイ国アユタヤ海外情報

タイ首都バンコクからもっとも近い島シーチャン。 ネットで調べるもあまり情報はないので観光にむかいました。ゆったりと流れる…

タイ 静かな海と壮大な観光地ホアヒン

タイ国アユタヤ海外情報

タイの海といえばプーケットや南の島が非常に人気です。 バンコクから近いパタヤも西欧人に大人気ですが、このホアヒンという海…

タイ パタヤ南の海サタヒップは静かな海で穴場です

タイ国アユタヤ海外情報

タイ パタヤから少し南にある”サタヒップ”という海です。 タイ人観光客が多い海です、日本人は少なめで釣り客はよくくるよう…

合わせて読みたい記事

日本からアユタヤへの妄想観光ツアー

タイ国アユタヤ海外情報

いろんな事情があって海外旅行ができない皆さんへお届け。 筆者アユタヤに住む日本人なのでおすすめ間違いなし 。 今はネット…

タイ アユタヤ遺跡のおすすめコースはこちら

タイ国アユタヤ海外情報

こんにちわ。アユタヤ遺跡に来たらここはおさえたい!というコースです。 アユタヤ遺跡はタイの世界遺産です。 タイ国の歴史で…

タイ アユタヤのタイ人が行く観光地は?タイTV”愛の運命”ロケ地、恋愛パワースポット!

タイ国アユタヤ海外情報

タイ人が行く、アユタヤ観光地をご紹介。 1つ目はタイのTVドラマロケ地になり話題になったワットチャイワッタラーナーム。 …

タイ アユタヤで象に乗る

タイ国アユタヤ海外情報

タイの北部世界遺産のアユタヤ遺跡には象乗り場があります。エレファントキャンプと呼ばれている場所でアユタヤ観光きたら、象に…