タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイご飯定番ガイヤーンソムタム

タイのご飯はこれが最強で本物 ガイヤーンのお店

タイご飯定番ガイヤーンソムタム

タイ料理というものは日本でもかなり認知度があり、人によっては現地住みの人よりも詳しい人もたくさんいます。そんな中、どんなに高いお金を使わなくとも本当に美味しいタイのご飯というのはやはり鶏肉を焼いたガイヤーンというお店。店先に焼いた鶏肉を串に刺した状態でいい匂いがするお店です。これとパパイヤサラダのソムタムを品揃え。これが本当のタイのご飯ですね。価格やみなさんがこのようなお店に挑戦できるのか是非ご覧ください。

タイのとある田舎の工業団地近辺の食堂

はい、このような汚い見た目の店舗です。

日本人には間違っても紹介はされないでしょう。

タイの人々も日本人がこういうお店では絶対食べないということをほとんどの人がわきまえています。

日本人は少し蟻がいるだけでギャーギャー騒ぐ。女性だけでなく、男性までもきびしい。少しお店がきれいな状態のところでないと無理。ガソリンスタンド内にある建物または、きれいなお店かスーパー店内の食堂へ連れていくしかない。このようなことをタイの運転手の人々や日本人と同行するタイ人は知っています。

汚いんでしょ?と当然お考えでしょう。しかしお店側もあまり悪い噂があるのは商売が続きません。ここは有名な大型工業団地目の前の好立地な場所なので、腹をこわしたという人が続出すればすぐにタイ人も行かなくなるでしょう。それだけたくさんの食堂を経営する個人商売人たちの激戦区です。

タイの食堂 お店の外観

タイは鶏肉が主食です。とても美味しく、タイのムエタイが格闘技で強いのはこの鶏肉によって鍛え抜かれた身体からくるのではないでしょうか。私もタイに来た当時は工場を走り回りどんな仕事も朝から夜中までやっていたら、いつのまにか筋肉がしまった身体となり腹筋が割れてました。その変わりといっては何ですが牛肉は美味しくない傾向にあります。

このようなお店にはほとんどといっていいぐらいに、「パパイヤサラダ」こと「ソムタム」が品揃えされています。タイ工業団地というと、タイの東北出身の人々が多いのです。そのイサーン料理の主役となるので、もしこの「ソムタム」が美味しくないとなると口コミで叩かれることでしょう。

タイはもともと農業大国。しかし、タイの東北地方は赤い土壌の特徴があってさらに乾季が長く続きます。河川もないようなエリアでは農業だけでは食べていけないのでどうしてもバンコクなどの工業団地エリアに働き盛りの世代は出稼ぎに行くのです。

座席を選ぶにも、前の客が落としたであろう食べ物に蟻の大群がたくさん集まってます。さすがに違うテーブルを選びます。

タイのとかげは生活の一部

タイの食堂は当然のように屋外です。その脇には草むらに大きなトカゲがいることも普通です。

「トゥアングン・トゥアントーン」

とこのトカゲは呼ばれています。

ほとんど害はなく、バンコクの公園でも普通に生息しており人々に襲い掛かるということも聞きません。

ただ汚いでしょう。

タイのローカル食堂のメニュー価格

鶏肉1匹 140から150バーツ
鶏肉1匹の半分 75バーツ
焼き豚肉(喉の部分) 60バーツ
ソムタム 50バーツ
カオニアオ(もち米) 10バーツ(1人前)
水(1本) 10バーツ

 

このあたりが、主役のメニューでしょう。

鶏肉のことはガイヤーンといいます。他にも人気のお肉で焼き豚肉があるのですがこちらは「コームーヤーン」と言います。

これらをもち米のカオニアオをほおばりながら食べます。

ソムタムを食べれば辛さと暑さで汗をかいて徐々に涼しくなります。そよ風でも吹いていれば最高のお食事です。

今回家族3人で合計220バーツでした。

タイ ローカル食堂実食

鶏肉のガイヤーンです。注文してすぐにきます。

何気にこのタレが美味しさの秘訣。

豚肉のコームーヤーンです。これはかなりおすすめで、これが美味しくないというお店には出会ったことがありません。タイ料理苦手な人でもこれはおすすめ。

そしてパパイヤサラダこと「ソムタム」です。

これが美味しいと口コミで人気になります。

どうしてもこの「ソムタム」はお店によって味が相当かわってきます。

お店の顔になる商品です。

実食してみましょう。

このガイヤーンの注意点があります。

何度も経験してますが、一口目でだいたいわかりますが、しっかり中まで焼けていない場合がかなりあります。最初はちゃんと中央まで焼けているか確認しましょう。

もし、焼けていないならお腹をこわすので二度と行かないです。

タイでは日本と違ってあからさまにお店の人に言って交換してもらうことはあまりしません。むしろ何もいわずにお店を去ったあとにFacebookで拡散するという人が多いです。もめ事になってケンカになりやすいんでしょうね。

このソムタムはほどよい辛さで日本人の私でも食べられました。

美味しくないソムタムとうのは辛いだけで、味に何もうま味を感じないのですが美味しいものはいろんなうま味を感じます。辛味・酸味・塩加減がちょうどよいものでした。

さすが大型工業団地の目の前にある店舗です。

まとめ タイの人もよくお腹をこわす

いかがでしたでしょうか。タイの道路沿いにある食堂はその日本人たちにとってはほとんどの人が食べたことはないでしょう。場合によってはバンコクのきれいなお店よりも美味しい場合もあります。

ただ心配される衛生面に関しては、本当に適当にやっているお店が多いのも事実です。なので地元タイの人と一緒にいき、その人が信用できる関係であれば問題ないかもしれません。ただそのタイ人さんも日本人のあなたがお腹をこわさないか心配で嫌がるかもしれません。

尚、当サイトではこの記事を読んでタイのこのような露店で食事をしてお腹をこわされても一切の責任を問いかねません。自己責任でお願いします。

どの世界も同じことかと思いますが、世界に飛び出して何も挑戦しないのは非常につまらないものです。かといって身体をこわすのも辛いことですので口コミを頼りに美味しいお店を探しましょう。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

タイ イサーン料理”ラオ・ユアンLao-Yuan”ลาวญวน บาย ตำมั่วアジアンテイスト最高すぎる料理

クイッティアオルアのお店 ”デックチャイクオン”アユタヤ名物

タイ国アユタヤ観光地のおすすめお食事処 ”Walk In Cafe”シェフを呼びたくなる味

タイ汚いものご注意ランキング【2020年最新版】

タイの治安はどうなの?2020年5月の状況 現地からお伝えします