タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
海外移住の残酷な現実

タイ移住現実 実際に在住10年が語ります

海外移住の残酷な現実

海外移住の候補にタイを考えている皆さん。悲しい現実をお伝えします。ただ他の国も同じところはあると思います。良い所ばかりを見るとがっかりしてすぐ日本に帰るなどもよくあることですので是非覚悟してお読みいただきたい。

筆者はタイ在住10年です。タイで国際結婚を経て仕事もタイでしています。娘をさずかり幸せな毎日です。

しかし、よくあるタイに夢見てがっかりする人々のお話も混ぜて現実をお伝えします。

タイ仕事で来て好印象だった人へ

タイの優しい人々に助けられ、最後のお別れも非常に涙ながらに日本へ帰国した皆さん。またタイに行きたい。優しいタイの人々と頑張りたい。

タイで任期を終えた人々は最後のお別れに感動した日を思い出すことでしょう。

夢砕き申し訳ないのですが、本社から来たあなたに優しくするのは当たり前です。日本に帰国したあとも、あなたは本社の人間。いつかまたタイで一緒に仕事をするとなると媚びを売って当たり前です。

私は本社の人間と、現地の人間の両方の対応を経験してます。

現地とは「現地採用」のことです。

この立場になるとまったく対応が違うのは当たり前です。むしろ最初に会社に入社した時点で

「あの人はどこからきたの?」

という噂が一機に広まります。

手の平を返すかのように、全く違うのです。

なので夢砕いて申し訳ないのですが、あなたには

「本社の人」

という看板があるだけです。

タイ旅行で来て好印象だった人へ

タイの優しく、明るい人々とのふれあい、日本に似たような文化。もしかしたらタイの生活は日本よりも安くあがって、さらにいい人ばかりだから幸せな生活を送られるのでは。。。

ご飯も安く、日本食にも困らない。片言の英語も伝わるし、あちこち日本語対応のお店が多い。今の時代はスマホの翻訳アプリもあるので何も困らない。

旅行でも安いプランで行けたし、生活も安くあがるはずだよね。。。

海外移住先でも日本人の移住先としてはアメリカ・中国・オーストラリアにつぐ第4位だし。

夢砕き申し訳ないのですが、安くあがるのは間違いありません。

ただし、汚い生活をあなたが我慢できるかどうかです。

さらにタイの人々が優しいというのは理由があります。

あなたがあからさまに

「日本人観光客でござる」

といわんばかりの服装で観光しているからどう見ても

「金持ってる日本人か韓国人か中国人」

です。

それでもタイの人々は平均的に慈悲があるといわれてますので、日本よりもやさしい人が多いのは間違いないかもしれません。

生活が安くあがるのは、安いタイ飯を食べないと無理です。ほとんど日本食を食べるようでは意味がありません。

実際にタイで生活するとわかりますが、タイの食事は1食あたりがかなり小分けです。熱い国でもあるので食は自然と細くはなります。

自分で食生活を気を付けないと、野菜や魚料理があまり無いのも特徴です。こうなってくると日本食屋になってしまいますが、手料理で野菜・魚をたべる必要がでてきます。

年配の男性では毎日ゴルフ三昧などしていればすぐに貯金も底をついてきます。

さらにタイは趣味的な娯楽施設があまりありません。

私のように家族がいれば、お出かけや旅行が楽しいですがなかなか老後の夫婦が2人でバンコク暮らしといってもタイの暮らしがあうかどうかです。お寺周りが大好き、車でタイのあちこちにでかけたいという人なら大丈夫でしょう。

実際タイの人々のお休みの過ごし方は、お寺参り、家族でおでかけ(または恋人)、自然の山や川・海・花畑に行くというのが多いです。

日本のような、テーマパーク・映画館・ショッピングモール・コンサート会場・遊園地という娯楽施設は本当に限られたところしかありません。

なので夢砕き申し訳ないのですが、観光できたあなたは

「金持ち日本人」

に見えるのでタイバーツをあちこちにバラまいた人なのです。実際にタイに住めば本当のタイの富裕層がものすごいお金持ちであることに気づくことでしょう。

貧乏な国と思いつつも、本当はものすごい格差社会です。タイの富裕層はとんでもない金持ちです。

それでも海外移住先としては良い

ここまで言ってもタイに来たいあなたは、おそらく大丈夫です。

仮に人気No.1のアメリカにいけば差別でひどい目に合うことでしょう。

人気No.2の中国では、ひどい扱いをうけて早いうちに日本に帰りたくなるでしょう。中国語を勉強しても民族が約50の数がありどこも癖があるのでなかなか言葉が伝わらないと言います。更に英語はほとんど通じないです。

人気No.3のオーストラリアはほとんど悪い噂を聞きません。一番の良い移住先候補なのではと思います。

それでも、

それでもタイを選ぶあなたは、アジアがいいのでしょうか。

タイは日系企業がたくさん進出しています。今後もタイに住む日本人は増えることでしょう。だとすれば日本人がさらに住みやすくなることも考えられます。

まとめ

海外移住先として最近人気のタイの移住についてお伝えしました。身体が健康であれば良いのですが、あまり身体が健康でないのなら日本が良いです。

当然ですが、外人なので国の補助なんてありませんし、むしろお金をばらまいて欲しいから外人を住ませてあげているのです。

なんだかんだ、老後の医療関係の補助を受けることを考えれば自分の国のほうが良いです。タイで暮らす年配の日本人はそのほとんどができるだけ働き続けています。長い間日本で年金も支払わずにいたので働かないといけないのもあるでしょうし、何よりも仕事をしないでタイにいても特に面白いものは無いですしね。働いていれば会社の補助で病院にも行けますから働けるのであればできるだけ働きましょう。

これは日本でも同じようですしね。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

タイ移住の条件とは?生活や仕事は?在タイ10年が教えます

タイ移住するメリットとデメリット生活費・ビザ・仕事は?2020年

タイ汚いものご注意ランキング【2020年最新版】

タイ10月8日からPhuket-Reday-to-open 観光テスト開始

タイ語勉強まとめ スマホで覚えて活用しよう

タイ年間行事のまとめ