タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイ果物王国マンゴー

マンゴー タイで買うといくら?日本人に最も人気なタイのフルーツについて

タイ果物王国マンゴー

日本でも沖縄、宮崎、鹿児島、和歌山、熊本で栽培されているマンゴー。タイでは「マムアン」(実際はマ・ムオンという感じで話してます)と呼ばれてます。旬は4~7月ではあるものの年中食べることができます。ここではタイ果物王国の中でも日本人に一番人気のマンゴーについていろいろ解説します。

マンゴー世界最大の生産はインド

インドが世界最大の生産をほこります。4,000年以上の歴史があり500種類以上の品種があるとされています。

仏教では、聖なる樹とされています。ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされています。

マンゴーの中でも最もおいしいアルフォンソマンゴー

インドは世界のマンゴー生産の60%を占めるといわれています。その中でキング・オブ・マンゴーと呼ばれるのが「アルフォンソマンゴー」です。

モンスーン前の酷暑の時期だけに収穫される最高級マンゴーで、5〜6月だけに味わえる「幻のマンゴー」です。

タイでは高級百貨店の果物売り場であろうと、海外産のものが人気でてはタイ地元のものが困るのでおいてないかもしれません。

もしかしたら、その時期はタイの場合「果物の王様ドリアンの旬」でもあります。

タイの人々は興味ないかもしれません。

タイ産のマンゴー日本へ

タイでは60種類以上の品種が栽培されています。

条件付で日本への輸入が認められています。その中でも現在日本へ輸入できるマンゴーは計5種類のみ。

外国産のマンゴーではメキシコ、フィリピンについで3番目の輸入量。

日本人には糖度の高さと肌理細かな食感が特徴のナムドクマイ種が最も好まれ、日本に輸入されているタイ産マンゴーのほとんどを占めています。ナムドクマイとはタイ語で「花のしずく」という意味。

タイの地元のお値段は?

冒頭の写真でお気づきの方もいるかと思います。

タイ地元価格 Kg当たり:およそ35バーツ

わかりづらいので、簡単に説明しますと

マンゴー約3個で120円ぐらいです。

だいたいキリの良い100バーツ分ぐらいを皆さん買っていきます。

タイではマンゴーとカオニアオというもち米を一緒に食べる名物料理があります。

タイ国アユタヤ海外情報

タイの全国展開甘味処チェーン店といえば、”SWENSENS”です。もともとアイスクリーム主体ですがたくさんの店舗にはいっ…

タイに来られた場合は市場などで買うのがもっともお買い得です。スーパーや百貨店ではかなり高いのですがそれはそれなりに品質良い物なので悪いわけではありません。せっかくタイに来たのなら良い物をより美味しく食べるためにも百貨店で売っているもののほうが絶品だと思います。美味しいけりゃ安いほうが良いなら市場へどうぞ。

合わせて読みたい記事

タイで味の素は超有名カンパニー

タイの業務用スーパーMAKRO まとめ買いでお買い得

タイの甘味処代表 SWENSENS マンゴーアイスともち米コラボ

アユタヤの有名なドリアンケーキ【クルア・カーオ・ホーンครัวข้าวหอม】

ドリアン癖のある匂いと味は?果物の王様か王女か? タイの価格相場