タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
OWNDAYS

眼鏡屋さんで眼鏡を買う 海外でも安心購入できます【Made in Japan】

OWNDAYS

海外東南アジアではMade in Japanというフレーズは「品質が良い」という言葉に匹敵します。ここでは海外で眼鏡を買うときの内容についてレビューします。何をするのかご参考にしてください。

OWNDAYSという日本のお店

この店舗では最初にお好みのフレイムを選び、その後各個人にあわせた最適なレンズをとりつけます。取付には20分という最短時間で実施するのでお待たせしませんが売りのお店。

(OWNDAYS offers an All-In-One Price System Frame+Lens START FROM THB1,990~4,990
Moreover, glasses ready in only 20 minutes after purchase.)

価格:1,990THB~4,990THB

現在はタイ国内で多数のめがね屋さんがありますがどこも似たような販売方法です。価格はそれぞれ異なりますが、品質や保証の部分で皆さまが比較することをおすすめします。

店舗先でガンダムのコラボらしいものが

赤い人専用のようです。

まずは、フレイムを選びお店の人にレンズを選んでもらいましょう。

フレイムを選ぶところで価格が決まりますが実際の店舗ではほとんどが3,000THB前後で良いものは6,000THBクラスもありました。日本円で約10,000円~20,000円ぐらいですね。

眼の検査で最適なレンズを選択

まずは、お客さんの困っている内容の確認。そこから下記の内容を実施します。

  • 基本は、”鮮明”に見えるかどうかのチェックを繰り返します
  • 鮮明に見えないところから見えるところの視力変化点をチェックしていきます
  • 右目・左目を別々にチェックし両目でもチェックします
  • レンズの種類も変えて良い物を選びます

普通目の検査というと「C」の記号のように〇の隙間が空いている方向を言いますが、こちらでは「鮮明に見えるかどうか」で確認をしました。

英語でもタイ語でも対応してくれます。

ある程度、最適なレンズがわかってくると非常にレンズの選び方が微妙になってきます。何度も確認して妥協のないように何度も確認してもらいましょう!

レンズが確定したらお支払い、そしてレンズ取付に20分

あなたに最適のレンズが決まると一旦お支払いになります。

その後レンズをフレームに取り付けてもらうのですが20分で完了します。

早いですね。

まとめ 参考タイでは2,000THB以上

タイの眼鏡は最低でも2,000THB以上はださないと粗悪なものしかないと聞きます。

もちろんこの2,000THB以下のお店もあり同じように目の検査から多数のレンズを確認して最適なレンズを選ぶのは同じです。

お買い物というものは何でもそうですが、安い物を買って痛い目にあいまたもっと高いものを買う。これをやるぐらいなら最初から欲しくなる良い物を買ったほうが安くあがるわけです。海外の安いものは当然のように品質が最悪です。

皆さまもいろいろ挑戦してみてください。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

話題のスタミナドリンクを飲み比べ! 以外な結果に本当のことです

タイ石鹸老舗 マダムヘン オリジナル レビュー 気になる他の石鹸も

UNIQLO 古着のリサイクル活動の裏側【タイ】

タイ ドンキホーテに田舎者のワイが行ってみた【駐車場有24時間営業】

ハーブ王国タイの有名店【タムラップタイ】と有名メーカー【アバイブーベ】