タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイ年末年始の贈り物

タイ 新年の贈り物やお歳暮にはこのような習慣があります

タイ年末年始の贈り物

年末も押し迫ってきました。タイでも年末になると新年の贈り物としてお歳暮のような風習があります。ここではタイの新年の贈り物についてお伝えします。日本の皆さまも是非参考にしてください。一応気を付けたほうが良いこととして、意外とタイの人たちはこのようなものにはお金をかけるというところです。

タイの新年はサワディーピーマイ

タイ語で新年の挨拶は

「サワディーピーマイ カップ~(女性ならカー)」

と言います。サワディーが挨拶でピーマイが新年です。

これさえ、新年の挨拶言っておけばタイでの年始は万全です。

メールなら英語でA Happy New year!で良いでしょう。

日本のみなさんは会社関係の年末年始のご挨拶が気になるところですね。ほとんどの企業が写真のようなかごに贈り物を入れて持っていくスタイルがほとんどです。カゴの中にはそっと企業名を記入したネームカードなどをいれる感じですね。

日本人ですと、ぱっと見ではどれぐらいの予算のものか分かりませんが一応タイの人々は気持ちが大切ですからと言いつつ、実際はすぐにこれぐらいの金額とわかるようです。大切な取引先ならそれなりに用意するべきだと思います。

実際たくさんの売り場にこれらの贈り物商品が並んでいますので

「あ!あの会社は値段これを買ったんだ!」

とすぐ分かります。

大切な人への贈り物は健康志向のアレ

健康志向のアレとは、タイで有名なスタミナドリンク的なものです。

鶏肉のエキスであったり、キノコの抽出エキスであったり。タイの人々は体調が悪いときや頑張らないといけないときにはこれらを飲んだりします。

タイの人々は日常からこれらのエキスを大切な人に飲んでもらうようにあげることをします。好きな人が最近疲れているなぁとか、夜勤で大変でしょうというときにこれらを渡してあげてます。

これらのエキスはコンビニでも販売されています。1本あたり35THBから90THBのものまでいろいろあります。

タイではこれらの商品はテレビCMもやっているほど人気です。

コーヒーが好きなら狙い撃ちでコレ

コーヒーのネスレが毎年販売しています。

コーヒー豆とマグカップのセットになっています。

気軽にもらえるものとして、あまり遠慮するような方でしたらこれなら受け取ってくれるかもしれませんね。

例えば、会社の大勢の人たちにはお菓子関係の安い物を大量購入しといて、あるていど役職のついてるひとたちにはこのコーヒー関係で少し値段に差をつけるなどに使えます。とはいってもそんなに高いものでもないのですが。

たくさんの人数に配るならお菓子

今年はみんなにお世話になったので、大勢に配ります。

そんなあなたにはお菓子がおすすめです。

そんなに高くないのに、大きさで引け目をとりません。

大きな容器のビスケット系はいかにも大きいので値段が安いのがわかっていてもそんなに悪くもないと思います。

この写真のような円盤タイプのクッキー類は値段もいろいろ。

安い物ですと50THB前後ぐらいでもあります。

もうちょっとアクセントをつけたいならコレ

お菓子といっても安いとは限りません。

ぬいぐるみ付のお菓子も意外と人気です。そのぬいぐるみがその相手のお子さんに喜んでもらえるものであれば更に喜びも倍増です。

またはこれらの商品のように自分で必要なぬいぐるみを購入しといて、自分で袋にいれてセット商品のようにするのも手ですね。

鬼滅の刃のグッズも最近タイでも販売されています。またはピカチューとかドラえもんなどタイでも人気のキャラと人気のお菓子を売り物のように袋できれいにアレンジしたものを手渡せばかなり喜ばれます。なんといってもタイでそんな人気キャラのセット商品はあまり売られていませんので。

お菓子でも高級なものもあります

海外に行く人なら、必ず空港内の販売店で見かけるこのチョコレート。値段も良いのでなかなか買うのは気が引けます。ただ本当に美味しいんですよね。

「どうせ贈るのなら喜んで欲しい」

という本当の意味ではこれはおすすめの贈り物お菓子といえます。

まとめ タイではイベントの一つ

参考になりましたでしょうか。タイの年末に配るサワディーピーマイはこのようなものが多いです。

日本でもそうですが、これは気持ちの問題なので何もこれが一番というものはありません。

その人その人に喜んでもらえるものはあなたが一番ご存じなのでそれが一番良いでしょう。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

タイ出張単身赴任 辛く孤独な3~5年間の海外経験とは

タイ国 非常事態宣言2021年1月15日まで延長の見込みに

海外移住は楽じゃない タイが楽しそう程度なら長期観光がおすすめ

海外行く初心者これ読んで基礎を知っておけ

タイ年間行事のまとめ