タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイ語あいさつ

何故あなたはタイ語を勉強しますか?

仕事でしょうか、学校でしょうか、観光でしょうか。いずれにしても最初は挨拶からはじまります。

英語はマネージャークラス以上であればほとんど通じます。

しかし、本当に仕事で役に立つのは現地語です。英語ではなかなか意志が伝わらないケースもでてくるでしょう。

タイの挨拶はサワディー

男性であれば、語尾にクラップ、女性なら語尾にカーをつけます。

この挨拶は朝でも昼でも夜でも同じです。詳しくは別な言い方もありますが、最初は覚える必要はありません。

最初の段階は人と出会って、挨拶をするときは両手をあわせてサワディークラップと言うのがおすすめです。この両手をあわせる行為をワイと言います。

慣れてくると少しわかってくることがあります。もしあなたが上司であったり、年上であればわざわざワイをやる必要はないという人もいます。しかしこれは通常は誰もがワイをするようです。

タイの年配の人でも、ワイをします。まれにしない人もいますが。。。

しっかりした人という印象をつけるにはワイをしたほうが良いです。

家族の挨拶は?

年末年始のように久しぶりに会うときはサワディーは使います。しかし、泊まって翌朝両親に朝の挨拶でサワディーは言いません。

挨拶というよりも何気ない会話をします。

よく使う挨拶は

ご飯食べた?のキンカーオルーヤン?

初心者でそんなボキャブラリーがないようであればジェスチャーでいいのです。

暑くて眠れなかったら、手で額をふくそぶりをすればわかります。

夜寒かったら両手で自分の肩を抱えてブルブルすれば、寒かったとわかります。

しかし、このご飯食べた?のキンカーオルーヤンは早いうちに覚えたほうが良いです。

タイには挨拶の言葉はなかった

まだラジオやTVが無い時代はタイ語の挨拶はなかったそうです。

なんでサワディーという言葉ができたのかというと、タイでラジオ番組ができたときにアナウンサーが最初のでだしに何を言えば困って、大学の教授がタイ語の挨拶サワディーをつくったと言います。

それまでは、人と出会う朝はご飯食べた?のキンカーオルーヤン?これが挨拶でした。

なのであなたも最初のタイでは挨拶でこの言葉をよく耳にするはずです。

ご飯食べた?に答えよう!

キンカーオルーヤン?に答えましょう。

食べたのならキンレーオ

まだならヤン

英語のHow do you do?のようにFine thank you and you?といった感じであなたも聞きかえしてみましょう。

あなたもキンカーオルーヤンと聞けば相手も答えます。タイ語で会話することでどんどんタイの人たちはあなたに話かけるでしょう。

明るく陽気なタイの人たちは、あなたがタイ語を苦手としても問題ありません。それでも話をすることが好きなのであなたがどんどんチャレンジすればもっと会話がすすむでしょう。

タイ語勉強の本

タイ第3版 タイ語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳 1) [ 加川博之 ]

デイリー日タイ英・タイ日英辞典 [ 三省堂 ]

カシオ 電子辞書 「エクスワード(EX-word)」(ASEAN 5ヶ国語 トラベルモデル、30コンテンツ収録) XD-CV810 ビジネス系収録モデル

タイ語 翻訳機/電子辞書セット《音声(発声機能)付き 日英バイリンガル翻訳機/辞書 グローバルトーカー GT-LV4》+《タイ語翻訳/辞書データ増設カード》セット【送料無料】【即日発送】

MARSHAL 瞬間 音声 翻訳機 最先端 AI 双方向音声 リアルタイム 翻訳 英語 ベトナム語 中国語 タイ語 含め 41か国 ” 世界中の言語を手のひらに ” (MAL-TR01WH)[cb]