タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。”安いアユタヤ観光”では在住10年になりました。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラ〇〇企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
UNBELIEBABLE

タイ人の仕事の特徴 不思議な仕事の仕方 日本人理解不能

UNBELIEBABLE

筆者はタイ在住10年になりました。元々仕事でタイにきていました。タイ語の勉強は独学できてますが、言葉の問題というよりも仕事の考え方にかなり日本のやり方では考えられないことがおこります。ここでは今週私に起こったタイ人の不思議な仕事についてお伝えします。今または過去・これからタイで仕事する人にとっては参考になることかと思います。

タイの仕事1週間 事件は月曜日に発覚

あえて、仕事の内容はそんなに重要ではないので伏せさせていただきます。

私はとあるタイの会社の課に所属します。

登場人物

やっさん
あゆたやっさん
こんばんわ❣カポン~
ただの日本人です。
現地採用です。
マネジャー
この課の課長です、海外ではマネジャーと
呼ばれます。
スタッフA
課長を支える頼りないスタッフ。
日本なら係長クラス。
スタッフB
スタッフAと同じくベテラン。
なのに経験を感じさせない仕事のひどさ。
本社の人
本社の課長。とても優しく思いやりがあり
冷静にかつ判断できるスキルが多数。
いつも助けてくれる。

今週は部門で会議があり、週末はその議題に提出することが前から決まってました。

マネジャー
週末の課題はどう?
スタッフA
あー完全に忘れてましたわ
マネジャー
。。。

この議題とは定期的な会議なので忘れること自体が信じられない行為なのです。終わってもまた何か月後かに順番がまわってきて常に繰り返されるのです。

このやり取りは、すぐさま対応されます。

ここで特徴的なのは

問題に気づくと、もうそれしか見えなくなる

1つの仕事に専念すると他の仕事は手がつけられない

スタッフA
よっしゃーいいアイデアだしてやるぜ!

この彼、スタッフAさんは先週に大きな問題を抱えていました。

まだそのプロセス途中だったのですが、週末にのんびりやっていたのでまだ解決してません。

あゆたやっさん
あの問題の件やってる?
スタッフA
その件は相手の回答待ちです。

この

「回答待ち」

という言葉。

一回でも問い合わせをすれば、もう自分は仕事をした。回答が遅い相手が悪いという解釈がほとんどです。

ちなみにタイでは1日に同じ質問を3回するのは普通にあることです。

朝・昼・夕に同じ質問です。

一般的な日本のかたであれば何時までと締め切りを決めるとか、常に報告をさせるなど意見があると思いますがもちろんイライラします。

これができないのが”THE THAILAND”です。

そんなやつクビにすればいいとか、いろいろあると思いますがタイ人はそっこう辞めます。本当に立て続けに辞めてしまうので人が育ちません。

こうなってくると会社は当然、管理するあなたが悪いのではと疑いはじめます。

タイでは特に退職件数が多くても問題はないのです。むしろ退職をきっかけにスキルアップになります。

 

火曜日 結局アイデアは不採用になる

過去にすでに提案した内容とかぶるためスタッフAさんの内容は不採用になりました。

スタッフAさんの苦労して考えたアイデアはいとも簡単に却下されてしまいます。

水曜日は何故かスタッフAさんはお休みでした。。。

え?嫌気がさして休んだ?

よくわかりませんが、これで再びアイデアをしぼることになります。

水曜日 別な問題が発覚 今更なぜ

この議題がまだできていないことなど吹っ飛ぶような問題が発覚します。

この問題の主はスタッフBさんです。

スタッフB
なんでしょうか?
あゆたやっさん
何かメールのやり取りの件だけど
何か知ってる?
スタッフB
確認します。

しかし、結局日本とのやり取りのため相手先も日本人同士で話し合うとのことで、私は巻き込まれていきます。

木曜日 本社との闘い

本社の人
なんで今更こんなことになってるんだい
あゆたやっさん
いえいえ、待ってください。
私も同じです。何も知らない状態です。
これから確認調査します。

本社は日本語で対応できる手っ取り早い方法に頼ります。当然です。

しかしタイの仕事というものは

あまり日本人が現場の仕事に介入しすぎるとタイ人がやらなくなるのです。

仕事のボリュームがあればあるほど、少数派の日本人は無理です。手を出せばタイ人は手を引いてしまいます。

あゆたやっさん
もう時間が無い。。。
こうなったら、本社の意見を通して相手先の出きることを明日中に実行させるしかない。

そこへ、この問題の発端であるスタッフBさんが明日お休みだということを聞きます!

な、なんてことでしょう。

自分のミスでここまで大ごとになったというのに、ここまで方向性を導いておきながら最後のつめもやらない。。。

マネジャー
私も現在は、週末の議題提出で忙しいので。。。
よろしくお願いします。
あゆたやっさん
スタッフAはどうしたの?
彼がほったらかしにしたのに
マネジャー
もうこうなったら、自分でやるしかないです。

タイ課長クラスのその下は極端に仕事ができない

給料の差も大きくつけているので当然かもしれません。

しかし、日本でも同じですが責任も格段に重くなります。

この仕事ができないというのは簡単すぎますので詳細を記載します。

  • まず会話が伝わりずらい。(最初から聞く耳をもたない)
  • ほとんどが言葉の問題のせいにする
  • 時間・期日を守らない
  • 回答要求をしても自分から回答してこない、何度も確認してやっと答える
  • 夕方4時以降の仕事は明日の仕事になる、全ての仕事が滅茶苦茶おそい
  • 失敗を人のせいにしたがる
  • 単独で仕事をしないようにうまく取り計らう(問題がおきても自分のせいにしない)

この件は課長クラスになるとほとんど解決します。

が、しかし。

このような問題はかなり人件費をおさえた状況下であるからのようです。

いくらか高い人材を採用すればいくらでも人はいます。ここに1か月当たりの人件費の目安をご紹介。

一般作業員 残業込みで15,000THBほど
リーダークラス・スタッフ 約25,000THBほど
SVクラス・チーフ 約30,000THB
マネジャークラス 約50,000THB

※現在2020年11月のレートは1THBあたり約3.5円

このようにかなり差をつけています。

ここまで差があると、日本の仕事振りを語ってもお金の報酬が違いすぎますね。

このためマネジャークラス以上の管理職はこのへんの管理にすごく悩まされます。しかし、このマネジャークラス以上でさえも帰るときは結構あっさり帰ります。

金曜日 最後の方針は?会議の議題は?

やっさん
あゆたやっさん
なんとか。なんとか方向性はでたし、
何とかなりそうだ。
本社の人
この方向性で問題なければ良さそうだね。
マネージャー
結果は良さそうですね。
こちらの会議の議題も成功です。
やっさん
あゆたやっさん
あーそうなんだ。。。

あまり喜べない私には理由がありました。

いろいろ苦労して、あちこちに確認をした私はあまり見たくはないものをたくさん見てしまいました。

在庫の中身が滅茶苦茶な現実。

相手先の情報が何かつじつまが合わない。

こちらのタイの内容についてまったく本社は何も知らなかったなど。

やっさん
あゆたやっさん
とりあえず、全てうまくいって良かった。。。
マネージャーはどんな会議の議題を提案したんだろ。
ちょっと資料を見てみるか。

そこには、現実にはできるはずの無い議題案がありました。しかしこの内容は絶賛されたようで各課からスタンディングオベーションを受けたそうです。

まとめ

かくして、”会議の議題”も、”今さらの問題”も何とか解決といたりました。

いかがでしたでしょうか?タイの仕事の現実。

実際に体験して恐ろしいのは、ほとんど関わってないのになんでも日本人のせいにされることです。

タイで仕事をする上で、なんでも日本人がやる会社は相当な仕事ボリュームを課せられていることかと思います。

その分現場のタイ人たちは無管理状態で非常に快適な無管理状態かもしれませんね。

今後もこのような記事を更新していきたいと思います。

それではサワディーカポン。

合わせて読みたい記事

タイの会社1日ルーティン 嘘のような本当の話

タイ語勉強の価値とは あなたはタイ現地の仕事の現状を知ってますか

タイ年間行事のまとめ

タイ現地採用クビになりました! 海外移住興味あるなら必見