タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイ田舎 ソンクラン

タイ ソンクラン2020 田舎の正月

タイ田舎 ソンクラン

タイの本当の正月はソンクランと呼ばれてます。

タイの1年で1番暑い時期となります。

タイでもっとも盛り上がるお祭りです。

都会の情報はいくらでもありますが、いったい田舎はどのようなお祭りなのか解説します。

2020年ソンクランは4/13(月)から4/15(水)

この3日間がタイお正月になります。

このため、この期間はタイ国民は実家に里帰りをしてます。

バンコクは観光客ばかりになります。

ソンクランは実家にかえる

会社勤めの人はもちろん、商売をしている自営業の人も早い時期に里帰り。

大移動が4/10か4/11ぐらいから始まります。

タイの人はソンクラン何するの?

里帰りになります。

そして、夫婦にとっては子供を実家の親に預けているので久しぶりに我が子との再会になります。

ほとんどの夫婦が子供を実家に預けます。

親は孫の面倒をみるのがほぼ当然なので、田舎には年配者と子供が多いのです。

子供との久しぶりの再会なので、ソンクランのお休み期間はぎりぎりまで実家にいます。

タイ田舎でも4/13から4/15は道路のあちこちで水かけ祭り

タイ全土で水かけ祭りをやります。

これはどこの道路沿いでも、大きな水貯めを用意して道路を行き来する人に水をかけます。

バイクで通りかかる人をわざわざ停止させて、水をかけたりオシロイ(チョークを混ぜた白いもの)を顔に塗ったり。

はたまた、このオシロイをなげつけたり。

小さな子供たちもいっしょうけんめいに、水をかけたり、オシロイを投げたりしてきます。

やる気まんまんです

町や村の車やバイクは汚くなります(笑い)

このため、このソンクランの時期はあちこちの車・バイクは汚れています。

掃除しても、すぐまたつけられてしまうのでソンクランあけまでほっときます。

よほどの理由がないかぎりタイの人はソンクランで水をかけられたり、オシロイをつけられたりすることは嬉しいことなので怒る人はほとんどいません。

かといって警察官、おぼうさまには絶対やってはいけません。

むしろ、これを理由に踊ったり・お酒をのんだり。

盛り上がるお祭りなので楽しむのです。

田舎でもパレードがある

ソンクランのお祭りとして、大きなスピーカーを積んだ車を先頭に村人がパレードします。

ダンスミュージックをガンガン鳴らしながら、後ろからは村人がお酒をもちながら。

踊りながら、笑いながら、久しぶりの再会をかねてパレードします。

基本は村のお寺からスタートして、ぐるっと村を一周してまたお寺に戻ります。

お寺に戻っても、ミュージックとダンスは続きます。

夜中まで、延々と音楽が続いてます。

4/15が帰宅ラッシュ

お休み最終日は仕事をしている町まで戻ります。

人によっては渋滞をさけるために、日程をずらすのはもちろんのこと。

実家にそのまま残っていつのまにか仕事やめる人もいます。

まとめ

このように、タイ全土でソンクランのお祝いは実施されてます。

陽気なタイの人たちの最大のイベントであるソンクラン。

もしYoutubeなどで、地方のソンクランを見ると驚くと思います。

高齢のおじいちゃんおばあちゃんでさえも、陽気に踊ります。

小さな子供たちも大人顔負けの踊りをします。

このあたりのことから、いかにタイの人々が世代に関係なく陽気なのかがわかります。