タイ 7人の王様像 Rajabhakti Park 圧倒的な大きさで偉大なる王様たち

スポンサーリンク
タイ観光

7人の注目すべきタイ王の彫像によって建設されています。

  1. スコータイ時代のラム・カムヘーン王(1279-1298年)
  2. ナレスアン王(1590-1605)
  3. アユタヤ時代のナライ王(1656-1688年)
  4. タクシン王(1767-1782)
  5. ラーマ1世(1782-1809)
  6. モンクット王(1851-1868)
  7. そしてラタナコシン時代のチュラロンコーン王(1868-1910)

各像は青銅で作られており、平均身長は13.9メートルです。彼らはタイの芸術家によって設計されました。2014年11月から2015年8月まで、彫像の鋳造と多目的広場の建設には10ヶ月かかりました。将来的には2人の追加の王の彫像を追加する計画があります。

場所は非常に不便

ホアヒンビーチから車で20分、タクシーを往復でお願いしましょう。

Google MapへJump

敷地内はシャトルバスで観覧できる

ただ周りをまわるだけなので、正面を見るだけでも十分です。

立派な像に圧倒

大自然の中にたたずむ立派な王様たち

まとめ

ホアヒン来たら、この観光地は見たいところです。

ホアヒンの宿を拠点に、タクシーでおこしください。

合わせて読みたい記事

タイの最も高僧な僧侶様 ワットフアイモンコン

ホアヒンの宿(近日公開!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました