タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
Positive thinking

顕在意識と潜在意識 意識は言葉に行動に性格に運命に人生に

Positive thinking

何度も同じ問題を繰り返す、いつも同じパターンで問題が起こる、状況を変えたいのに結局かわらないという悩みはありませんか?

頑張っているのに成果がでない、やり方を変えているのに同じ結果になる。

なんで、なぜ、どうして。

なぜ自分はいつもこうなんだ...

人生の物語の主人公はあなたです。

原因はあなたの思考にあるかもしれません。

人はなかなか変わらない

頑張っているのに、いつも結果が同じ。

こんなことはよくあります。

自分で気づかないうちに、良くないことをやっている。

頑張ってても、空回りしているかもしれません。

ここできがついていること、きがつかないことを顕在意識と潜在意識として考えてみます。

思考はいつか発言に、発言は行動に、・・・そして習慣から運命に

思っていることはすぐには言葉にはしていませんが、いつかは言葉にでてしまいます。

思考は言葉に

言葉は行動に

行動は習慣に

習慣は運命に

仏陀の言葉という説?

だから思考とその使い方に気をつけてください

人々のことをよく考え、愛情から施行を生み出しなさい

(仏陀の説とうい話があるようですが確証はありません)

変わりたい!前向きな行動に!

あなたが前向きになりたい!変わりたい!幸せになりたい!

と願う気持ちが強ければ変わることはできます。

少しずつでも変われます。

日頃からこの

「前向きな」

ということに意識を強くもっていれば変化がかなり早い時期にでてきます。

意識を強くもっても、後ろ向きな意識をもったときにはすぐ気づくと思います。

そのたびにあなたは

「あーまたやってしまった」

「やはり自分には無理かも」

「どうせ自分なんかは」

とまた負のスパイラルに落ちてしまうかもしれません。

そんなのは人間なので誰だって何度も失敗します。

何か自分で、気持ちを切り替えるきっかけをつくりましょう。

きっかけの例

  1. 目をつむる
  2. 深呼吸をする
  3. 手を叩く
  4. 自分の肩をもむ
  5. がんばるぞとガッツポーズをする
  6. スーパーサイヤ人のようにふんばったポーズをする
  7. 目を見開いて満面の笑顔をする

前向きな気持ちに切り替えることができる、習慣にできるきっかけを自分でつくりましょう。

あなたのせいではない、遺伝子のせいにしよう!

もともと、脳には生き延びようという本能があります。

この意識には変化を恐れる自然なものがあります。

このため人間は変化を嫌います。

太古の生命が絶滅と進化を繰り返して今の時代がありますが、これらのことから変化を我々はおそれます。

氷山の一角になる顕在意識と、無限の可能性のある潜在意識

引用 Logic-diet.com

普段は顕在意識のみがはっきりしています。

気づかない間に、潜在意識で習慣ができています。

もし、前向きになりたい気持ちがあるのならこの潜在意識でも前向きな習慣をつくることができればかなり変化が見えてくるのではないでしょうか。

さらにこの潜在意識のなかには、「火事場のくそ力」や「潜在能力」など未知なるあなたの能力を発揮できるかもしれません。

まとめ

いつの時代も前向きになりたい!成長したいという願いは強いものです。

この顕在意識と潜在意識の関係については日頃から意識して前向きになるための訓練を心がけましょう。

そして、気持ちを切り替えるときのあなたのリセットスイッチ。

あなたはどんなスイッチをいれるのでしょうか。

ちなみに私はホームランバッターのガッツポーズをイメージして切り替えてます。

皆さまがこの記事をきっかけに前向きな気持ち、良き人生を過ごされることになるきっかけとなれば幸いです。