タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
タイ仕事改善

タイで仕事の問題改善方法 これを徹底する! 具体策

タイ仕事改善

タイでの仕事の注意点 日本には通じない常識があります。

仕事を始めますと異なる考えに悩むことが多々発生します。

これから東南アジアならではの考え方の違いと、どうすれば良いかを確認していきます。

おそらくタイで仕事をすると共感することがたくさんです。

確認依頼事項の返事がこない

この件どうなった?ということは仕事の中でたくさんあります。

タイはどこの会社も非常に報連相が弱いです。

これは対象が若手とは関係なくマネジャークラス以上でも当然のようにできてないことが多いです。

必ずいつまでに回答するという期限をつけましょう。

しかし期限をつけてもできないことがあります。

担当者まで深堀していくと自分は相手に確認の連絡をした。しかし相手が返事をしない、だから自分は悪くない、悪いのは相手だ。ということに陥ります。

マネジャークラス以上はあまりこのような言い訳はしませんが下にいけばいくほど当然のように話にならない言い訳をいいます。

この場合は担当者であれば、このケースは上役に相談しようね。と相談することをすすめましょう。

マネジャークラス以上へは、報連相をしっかりさせることをすすめます。

期限を守らない

上記の件の内容にたいして、これを守らないということです。

海外でも日本人同士だと当然なのですが期限があって皆さんこれにたいして動いてます。

守らなければたくさんの人が迷惑をうけます。

しかし東南アジアでの仕事はかなりの頻度で期限をまもりません。

このへんも日系企業以外との取引で心配される要因です。

ではどうするかというと、最初の段階で期限を守る納期計画表を作成します。

担当者たちに作成させることで納期意識をもたせます。

この計画表をもとにこれに間に合うのかを毎日または毎週更新話合いをするように管理します。

早期の段階で考えられる問題を話合いしておきます。

会議をまとめる

この会議もなかなかすすみません。

例えばAという議題の話をしているのにいつのまにかBの話になりいつまでたっても話が解決しません。話の内容がまったく議題と異なるようであれば一旦話を中断してもとの議題Aの話に戻しましょう。

あまり日本人がすすんで会議をすすめると自分たちで決めたことではないのでこれは良くないです。

議事をすすめるのも、議事録を書くのもタイ人がやるべきです。アイデアを要求されたときはヒントを与えたり過去の事例を教えると良いです。

このようなアイデアを教えることが私たち日本人の手伝える要素となります。

このような会議をタイのメンバーでやる場合と、親会社日本とやる場合があると思います。

日本がはいる場合はタイで業務遂行している人たちに集中攻撃となることでしょう。

会議に親会社も介入するとあなたが板挟みになる

親会社日本と子会社で会議をすると必ず誰かが板挟みになります。それがこの記事を読んでいるあなたかと思います。このような問題はよく翻訳の本などにも書いてあるのですが

・親会社の日本側につくか

・子会社のタイ側につくか

このようなことがよく言われます。いつか日本に戻るのであれば当然日本側です。そのかわりにタイ駐在の期間は相当やりずらい業務になります。強引に業務をやらせるもいいでしょうが、その体質は本社にも伝わります。あの人が出向したら子会社との関係が悪くなったともなりかねません。せめてタイ人トップとは良い人間関係は保つ必要はあります。

タイ人側につけば駐在のあいだは仕事がやりやすいですが日本に戻ると座席がなくなっているかもしれません。または他の海外拠点を転々とする可能性もあります。


じゃあどうすれば良いのか。

まとめ!あのトップ企業でさえも日本イズムは難しい

これが正しいというのはありません。なにせコストダウン目的で皆さん東南アジアにきてるのです。例えばタイで仕事をするときにマネジャークラス以上はもともと優秀な人材をどちらさまも採用しているはずです。しかし担当者たちは一般社員です。しかも優秀というわけでもなく安い労働力として仕事してます。その人たちに日本人一般社員クラスの仕事を要求することは難しいです。まず能力が違いますし、給与もかなり違います。やる気も全然違うので同じようなことをすれば簡単にやめていきます。

ある自動車有名メーカーのサービスについて話を聞きました。

彼は営業で車の調子が悪いのでT車のディーラーに修理依頼をしました。何度だしても直っておらず、何度も行き来したそうです。日本でこんなこと考えられませんが目に見える箇所の不具合です。何故話が伝わらなかったのか。それと私自身でもそのT車で困ったことがありました。T車の中古販売専門店でテストドライブカーを購入したときです。私が外人なので手続きがいろいろあり知らないことが多かったのもあると思いますが、次の土日にパスポートが必要ですとかイミグレいって資料を出してとか。持っていくと実は不要で別の資料が必要とか。。。受付のお姉さんは何もしないがなんで客のこちら側がたくさんの資料を提出に月に3度も4度もディーラーに行かなきゃならんのか。あげくのはてにパスポートが帰ってこない間に90日レポートの時期とぶつかって仕事中にわざわざディーラーにとりに来たことまでありました。最悪なのは、中古で乗っていた車を下取りしてもらったのですが、どうやらT車が下取りしたのではなく、窓口対応したマネージャーが個人でどこかに売ったらしく、その現金がはいるまでは購入したことにできなく納車がどんどん遅れていきました。こんな勝手なことするのかと、隣にあったT車のディーラーに文句したものの別会社扱いなので対応受けられないとのこと。世界のT車でさえもこんなマネージャークラスの個人的勝手を許すとは。。。しかし妻が調査したのです。彼は離婚して子供3人を養っているとFacebookで知ったようです。可哀そうだからもめるのはやめようとなりました。

あの日本を代表する会社が、管理に自慢げのあのT車がタイでは別にできてません。

というよりも、やはり難しいのでしょう。

なのでうまく運営できなくても、これはかなり難しいことなのだと自分に言い聞かせましょう。

合わせて読みたい記事

何故増える?海外に住む日本人

タイ国アユタヤ海外情報

海外に住む。私もその一人です。日本の役所には「海外転出届」を提出しています。これをだすと国民年金は任意となります。基本は…

アジアで運転!タイの道路事情

タイで仕事 考え方の違い!

タイ国アユタヤ海外情報

出張で来られるかたは気になると思います。 これから日本を離れて少人数の日本人で大勢のタイ人の方々と運営しなくてはいけない…