タイ国アユタヤ海外情報のホームページへようこそ。筆者のアユタやっさんです。タイの生活・仕事・旅行・子育てなど現地住みならではの情報をお届けします。在タイ10年の筆者は仕事で初めてタイに来ました、最初は牢獄生活のブラック企業。国際結婚をしてハーフの娘を授かります。現在はホワイト企業で幸せな日々を暮らしてます。タイに少しでも興味のある方々の力になれれば幸いです。
現地採用の本当の仕事

現地採用 タイ 仕事の仕方は裏方に徹する!タイ人の成長を望む

現地採用の本当の仕事

こんにちわ!タイで仕事をするみなさま、毎日お疲れ様です。タイの会社なのに、少数の日本人であくせく働いてませんか?いつまでたってもタイ人が仕事しないとグチを言ってませんか?はっきり言って日本人の仕事のしかたが間違ってます。ここではタイの仕事は日本人は裏方に徹するべきという話をすすめます。

タイでの日本人の仕事の仕方はあくまでも裏方に徹する

タイ国に進出している日系企業はたくさん。なかでもおかしな会社もあります。

ものづくりの会社で工場でしたが、工場の人間は皆中国人。なんでもタイ人が仕事だめなので気づいたら全員中国工場から来た人で運営していたとのこと。運営しているのはヨーロッパの会社でした。

基本はこの土地の現地の人が運営する・できる会社でないといけません。そうでないと何しにタイにきたのだこの会社は?と上記のようなことになります。上記の話は極端ですが、しかし日本人がなんでもかんでもやっている会社はたくさんあります。

きがついたら、がむしゃらに働いているのは外人さんで現地タイ人は言われたことしかできない会社になります。

なので、裏方にまわるのが良いのです。いつまでたっても日本人がやってくれる、日本人は仕事が大好きと解釈されます。

主役はタイ人メンバーである、日本人は黒衣です

海外日系企業では日本人は黒衣として裏方に徹する

タイ人は仕事がだめだと良くいわれますが、よくよく考えると日本語が正しく伝わっていない、本当に任されていないなど問題が多いです。現地化するのに大切なことをまとめます。

  1. 自分たちが考えて、考えた内容を行動し、その行動が失敗しても次をやる
  2. 行動が成功になったとき、自分たちの成果になる
  3. 日本人関係なく、タイの人たちで解決することでやりがいを持つ
  4. 日系のお客様であれば裏でサポートする
  5. タイは上下関係がはっきりしている

いつまでたっても日本人の仕事が減らない会社、タイの人を馬鹿にしてませんか?それなら他の国に行ったほうが良いですよ。

 

日本本社の人間が現地採用に仕事をやらせるのは間違っている

日本人は外国語を非常に抵抗もつ人が多いです。言葉の通じる通訳または現地採用の日本人を頼りがちです。頼るというよりも命令することになりますが、これが現地の人たちが楽になってしまう要因です。タイ人管理者がいても、実際に命令をうけるのが通訳などなのであまり責められないのが現状の会社も多いのではないでしょうか。

もともと、通訳・現地採用というものは権限は低い立場です。権限もないのに命令してもタイ人管理者は当然のように聞きませんから帰りたいときに帰ります。

(現地採用や通訳の人は長年その会社にいるので立場的なものを与えてしまうと殿様になってしまいます。日本本社からの出向者は4~5年で帰任するのでやはり殿様になりません。実際には責任と権限のバランスを考えると現地責任者にやらせていかないと意味がありません)

この通訳・現地採用が役職も高ければやらないとダメですが。しかし、現地の人たちがやりがいのある組織とは思えません。

現地採用をクズ・バカ・言ってる人、多分仕事できない人

10年前は、タイで仕事をする人は旅行のバックパッカーからそのままタイを好きになって住んでしまった人たちが気軽に就職活動した時期があったそうです。

今現在は、タイの生活環境が日本人にとって何も問題なく生活ができさらに海外での仕事というやりがいのある職業でまったく過去とは働きかたが違います。はっきりいって、本当にひどい人であればはっきりとそのひどさがでるでしょうが、それなら面接の段階で断るべきでしょう。なによりもそのような考えがあるなら現地採用を雇わなければいいのです。

本社からの出向者だけでやるべきです。または日本語1級クラスのタイ人を雇うほうがいいのではないでしょうか。

もともと現地採用を雇うことじたい、タイに出向している人間だけでは賄えないから雇用しており、タイ人だとなかなか考え方でぶつかってしまうからかと思います。

自分のことをサポートしてくれているにも関わらず、バカだのクズだの言ってる暇があるなら自分ひとりで運営するべきです。おそらく日本の本社が必要だからということで雇用するよう指示してるのでしょうけど、その時点でそのグチをいっている人もあてにされていないことがわかります。

本社の人が海外出張する場合の2つのケース

❶本当に、優秀な人を選出してなんとか改善して欲しい人

海外拠点というのは本当に重要です。会社によっては役員のかたがみずから指揮をとる会社もあります。海外の業績が本社に与える利益が会社運営を左右します。

❷日本に居場所が無いので海外にいってもらう人

会社はチームワークですが、よくはみだしてしまう人。海外にいくケースが多くあります。しかし、海外で優秀な成績を収めることで名誉挽回となり本社に帰任する場合も多いです。

❸優秀でかつ、もめ事が多い人(❶と❷をかねている人)

残念ながら優秀な人でも組織として皆とうまくできない人も海外に行くケースは多いです。個人的なキャラが強い、自己主張がすごい、結果はだすがもめごとも多い。

このようなことからも、もともと優秀な人ですが、色が濃いので誰とでもぶつかる人たちといってよいでしょう。なので現地採用の人間は最高の餌食です。本社への不満をぶつけるには最高の人ですね。

働いている国のひとたちが主役

このようなことからも、日本人同士がもめるのはまったく意味がありません。主役はこの国のひとたちです。タイのひとたちが自分たちで会社を運営し、間違った方向にいかないよう方向をただすのが一番です。もし、お客様も日系であれば日本人同士でことをすすめるしかないので日本人がでていきます。こんなことでも、あまり日本人がやったことは主張せず、あくまでもタイ人メインでその後の仕事を続けてもらえるようにバトンタッチをしましょう。

タイ現地の人々の仕事の成長を見守る!

この記事ではあまりにも上から目線のかんかくになってしまいますが、あくまでも日系企業での仕事なので働き方は日本風です。(日本風といってもブラック企業のことではありませんので)

問題がでたときは、どのように対応するか?業務改善はどのようにすすめるかは日本の働き方ならではのものがあります。あくまでも、現地の人々がみずからすすんで考えたものをやりましょう。あまり口をはさむと「日本人が指示した」「だから失敗してもわたしのミスじゃない」「何言ったかよくわからなかった」こんな落ちが待ってます。

なかなかタイ人同士だとすすまなかった仕事が少しサポートする程度で業務を達成できたときはみな本当に喜んでました。皆が成長するとこちらがわも仕事がかなり楽になります。そして、本当にやればできるんだということが実感できます。

タイ職場での感じること

  1. 日本人の指示を待っている管理者が多い
  2. 日本人指示なので失敗しても何とも思わない
  3. 正しく意味が伝わってない
  4. わからないことは下手に手を出さない
  5. やらないと日本人がやるので、やらなくて正解だと思っている

こんな会社がタイの日系企業は多いと思います。このような忙しさで仕事が楽しいでしょうか?会社の将来のためになるでしょうか?

少数の日本人が成長しても会社としての成長はかなりちっぽけな成果です。大勢の現地タイの人々の成長のほうが会社として大きな成果になります。

タイでは非常に多くの日系企業がありますが、海外ということであまり労働規則的にもはみだしてしまう企業が多くあります。しかし人の噂というものは早いものではみだしたことをやれば将来必ずその会社の風評被害に大きな影響となります。日々こつこつとタイ拠点の運営がみなさまにとって良き成果につながっていくことをのぞみます。

合わせて読みたい記事

タイあるある 会社での連絡事項

2020年5月16日のアユタヤの商業店舗の状況【世界のコロナ影響】

タイ国歌歌詞をカタカナにしました!時間になったら直立不動

タイの治安はどうなの?2020年5月の状況 現地からお伝えします

タイ国際結婚や恋愛のメリット・デメリットとは 結婚費用など

タイ スーパーバレンタインの元気がでる曲「ジェーンヌーンボウ」が大人気

タイ語初心者勉強と翻訳におすすめの本3冊  在タイの筆者もこれです

現地採用タイ求人給料はピンキリです 月給5万から25万Bまで

タイ仕事探し 転職成功した筆者のアドバイス2020年版

海外でホワイト企業に転職できた内容を教えます! ブラック企業は身体こわします!